シーバスの釣りを始めよう!釣り方には時期によって違いがある!

マッチザベイトを意識しよう

マッチザベイトとはターゲットの魚が捕食しているベイトにルアーを合わせることです。秋のように活性が高い時期は一般的なルアーを使い天候やベイトに合わせて、ゆっくり動かしたりリアクションさせたりしてマッチザベイトを意識して釣りをしましょう。

シーバス釣りには時間・タイミングがある?

シーバスはオールシーズン釣れますが、時間帯によっては釣れたり釣れなかったりします。釣れる時間帯をアングラーの間では時合いと呼んでいます。ここでは、どの時間帯が良い時合いなのか紹介していきます。

魚が釣れる時間「時合い」

時合いは単純に釣れる時間帯ではなく魚が積極的に捕食することも指しています。特に潮が動くときには水温やプランクトン、酸素量、餌の量が変化するのでターゲットの魚の活性があがります。一般的に水温は適温で水温以外は増加することで活性が上がります。

天候でも時合いが変わる

雨の場合は海水に打ち付けるときに空気を取り込み酸素濃度が増加し、曇りの場合は日差しが遮られてシーバスの警戒が薄れます。また風吹くことによって水中に空気を含み、水面がザワつくことで警戒が薄れます。

ゴールデンタイムがある

まずめ(夜明けや日没の前後の薄明るい時間帯のこと)と呼ばれる時合いがあります。朝方を「朝まずめ」と言い、日が沈む時間帯を「夕まずめ」と言います。どちらかというと「朝まずめ」が魚の活性が高いので初心者にはお勧めです。

シーバスが釣れる時合い

シーバスも満潮と干潮前後2,3時間のような潮が動きだしたり止まったりする時間は釣れやすいです。このような時はボイル(水面近くのベイトをシーバスが捕食すること)も起こる可能性があるので分かりやすいです。

船が通るタイミングも時合いになる

船が動いたり通ったりするときに発生する波が岸壁のカニやエビを剥がしたり、船の周辺のベイトが驚いて動き出すことで一時的に時合いになることがあります。また、船のスクリューにより海底のプランクトンやベイトが巻き上げられることでも同様に時合いになります。

これを見たらシーバスが近くにいる?

写真のような魚を鵜と言います。鵜や、その他のシラサギやカモメ等がいるときはベイトを狙って出てくるので周辺にシーバスがいる確率が高いです。特に鵜を見たときは極めてシーバスがいる確率が高いので鳥の邪魔にならない位置に仕掛けを投げ込むと釣れます。

鳥も命がけ

意外なことにシーバスの餌食になる鳥もいます。それは子供の鳥です。シーバス釣りをしていて子供の鵜が食べられる瞬間があるそうです。親鳥は何が起こったが分からず我が子を探していたようです。やはりシーバスは雑食で侮れません。

シーバスは夜が釣りやすい?

シーバスは夜が釣りやすいと言われていたくらい釣りに向いた時間帯です。夜釣りのことをナイトゲームと言いますが昼のデイゲームとの違いは何でしょうか。ここでは夜のシーバスが、どこにいるのか紹介します。

NEXT シーバスの夜の行動