エンドリケリーの生態と飼育方法をご紹介!大きくする方法や餌のあげ方も!

エンドリケリーの種類について

豊富な種類のあるエンドリケリーですが、今回はポピュラーな種類を紹介していきます。店舗や水族館などでよくみられる種類はこれらです。エンドリケリーにはこれだけではなく、いろいろな品種があります。

ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー

市場によく出回っているオーソドックスな品種になっております。茶色い体に、黒いバンド柄で体長は最大およそ70cmほどの大きさになり、古代魚らしい体つきと顔つきが魅力となっております。

ポリプテルス・エンドリケリー・コンギクス

エンドリケリーにも似ていますが比較的活発に動き回り、多少均一化した黒いバンド柄で、細かいところが特徴です、体もやや緑っぽい色をしており、エンドリケリーに比べ他の熱帯魚にやや近いのが、コンギクスです。

エンドリケリーの魅力

一概にエンドリケリーと言っても、その種類の豊富さから、飼育者に対して飽きさせない魅力があります。それに取りつかれた愛好家も少なくないのではないでしょうか。見た目に以上に愛らしい一面があります。

体色のバリエーションが豊富!

名前だけでも数種類ありますが、同じエンドリケリー種でも、個体によってバンド模様の大きさが変わってきます。体色も変わってくることが多く、白、オレンジ、薄緑や、ドラゴンのような顔つきをする個体もいます。

大きく成長させることが出来る

なんといっても、飼育できる熱帯魚の中でもかなり大型の部類に入り、ほとんどの品種で最大70cmほどの大きく成長させることが可能で、その圧倒的な大きさと存在感も魅力の一つではないでしょうか。

エンドリケリーを大きく成長させる方法はこの4つ

さて、エンドリケリーの魅力を知った人で、これから飼育しようと考えてる方も多いのではないでしょうか。しかし軽い気持ちで育ててしまうと、小ぶりでイメージしてた柄と違うエンドリケリーになることがあります。

方法①最初に選ぶのは幼魚または稚魚

まず店舗を見つけて何を買おうか悩む方も多いと思います。生物を育てていく上で成魚ではなく、幼魚や稚魚を飼うことをお勧めします。環境(水槽)に適応しやすいですし、大きくなるエンドリケリーを見るのも大事です。柄で悩むようなら、直感的に好きな柄を選ぶ方が、愛着が湧くでしょう。

NEXT 方法②水槽の大きさが大切!