シラサエビとは?生態や飼育(養殖)、使う釣りについても徹底解説!

唐揚げ

油でカリっと揚げると香ばしさが増すので、子供から大人までおかわりしたくなる美味しさです。市販の唐揚げ粉をまぶせば味つけ失敗不要の時短ご飯が完成します。

シラサエビを釣り餌で使おう

たくさんの活きエサがある中で、なぜシラサエビが人気なのでしょうか?この活きエサでしかない人気の理由がありました。その理由をご紹介します。

なぜシラサエビが人気?

ほとんどの魚がエビを食べているため、釣果に繋がります。スズキやクロダイといった力強い引きが特徴の魚から、根魚のメバルやカサゴ、珍しいヒイカも狙えます。

淡水エビなのに海で使える?

Free-Photos / Pixabay

最大の特徴でもありますが、淡水に普段は生息しているのに、少しの間は海水でも活きていられる対応力を持っています。活きたまま使えるため魚も釣れやすいのです。

初心者にもおすすめ!その理由は?

他の活きエサを上げると、ゴカイやマムシといった見た目がグロテスクで気持ち悪いものが多い中で、シラサエビは観賞用としても人気なほど愛らしい姿をしています。初心者の方でも触れるよく釣れるエサなのです。

滑りにくいからエサつけしやすい

活きエサはヌルヌルした気持ち悪い姿をしたものが多いので、エサつけしにくいことがデメリットとしてあります。シラサエビは殻がついていて滑りにくいので、ハリにつけやすいです。

シラサエビでの釣り方を紹介 

LoggaWiggler / Pixabay

釣りをするためには、エサつけをしなればなりませんが、小さな姿をしているので、ハリにつけなくても釣りが可能な方法もあるのです。初心者の方でもすぐにチャレンジできるエサのセッティング方法をご紹介します。

エビの撒き餌つり

LUM3N / Pixabay

エビを撒き餌とする撒き釣りではウキ仕掛けで魚を狙います。ウキを水面に浮かせているので、魚が掛かった時にわかりやすいことがメリットです。

撒き餌釣りを動画でチェック

 

竿の動かし方がわかりやすい動画になっていて魚の力強さが伝わってきます。

NEXT エビの穴釣り