川崎の治安は本当に悪い?悪いと思われる理由や地域別の住み心地をご紹介

川崎が治安が悪いと思われるのはなぜ?ギャンブル、風俗、工業地帯など負のイメージが先行するとはいえ、川崎には150万人を超える人が暮らしています。それには相当の理由があるはずです。今回は、川崎の治安が悪いと思われる理由や、地域毎の治安状況などをご紹介します。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

川崎とはどのような街?

auntmasako / Pixabay

人口約151万人が住む街です。神奈川県内にあり、昭和32年頃に急速に発展し首都圏への通勤も便利なことから一気に人口が増えました。人口増加に伴い区を細かく分け7つの区から成り立っています。

神奈川県では横浜市に次ぐ人口数とダントツの人口密度を誇る

12019 / Pixabay

東京都心までの通勤が便利なことから昭和32年以降、人口は増え続け現在では約151万人の人々が暮らしています。県庁所在市である横浜市よりも人口密度は高い街です。

7つの区から成り立っている

Free-Photos / Pixabay

①川崎区②幸区③中原区④高津区⑤多摩区⑥宮前区⑦麻生区の全7区で構成されています。東京駅までは早くて18分で到着するという便利さから、東京都心部へ仕事や学校に通う人々に人気の街です。

東京と横浜の間に位置する

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

東京へ向かうにも早く、横浜には早くて8分という早さで到着する大変便利な位置にあります。2つの大都市の間に挟まれた街は、どちらへ向かうにも早くて時間がかからないことも人気を集めている理由の一つです。

川崎市はこんなに凄い!

Free-Photos / Pixabay

人口がとても多く全国では8位を誇っている地域で、年々増加傾向にあります。人工が増え続けている川崎市の他にはない凄さが人気のポイントなのです。どんな凄さがあるでしょうか?

交通アクセスが豊富

NEXT 交通アクセスが豊富