ボラの釣り方を解説!ルアーやエサ釣りまでご紹介します!

サビキ釣りの注意点

仕掛けに針が何個も付いているため、海底で絡まってしまうことがあります。それを防ぐために、仕掛けが底に着いた時に、ラインがするすると出て行かないよう手で抑えるようにしましょう。

ボラの釣り方番外編

主な釣り方を説明しましたが、他にも変わった釣り方があります。自分に適した釣り方で、ボラを釣ってみましょう!

カットウ針での釣り

カットウバリという擬似餌を使って、近寄ってきたボラを針に引っ掛けるつり方です。別名ギャング釣りとも言われます。様々なものが販売されていますが、自作することもできます。オリジナルな釣りを楽しみたい方におすすめです。

ボラがいそうな場所に、このカットウバリを沈めて、穂先を小さく揺らして上下させるように誘い込みます。その誘い方ひとつで、釣果が変わるアングラー向けの釣法です。

フライフィッシング

アミエビに似ているフライという仕掛けを使用してボラを釣る方法もあります。堤防などで撒き餌で魚を引き寄せ、食いつかせて釣り上げると効率的です。

ただし、通常期では見切られることが多く、難しいとも言われています。シーズン時期で、近くに飛び跳ねるような群れが見えている場合は、表層めがけて仕掛けをキャストすると、すぐに活気のあるボラが引っかかることもあります。

ボラ釣りにオススメの餌は?

餌をつける釣り方の場合、どのような餌が良いのでしょうか。実は、冷蔵庫に入っているもので代用できたりもします。オススメの餌をご紹介します。

ベストはオキアミ

ボラは普段プランクトンを食していますが、赤いヒラヒラとしたオキアミを好物とします。一番ベストな餌はオキアミですが、他の釣りのようにイソメなどでも食いついてきます。

冷蔵庫にあるもので簡単に、という方はパンやマグロの切り身なども有効です。撒き餌を土などに混ぜて団子状にして針につけても、そのままパクリと食いついてきます。

ボラの釣ったあとの処理は?

生臭い、と言われるボラですが、下処理をすることで身はもちろん処理中の臭さを抑えて美味しく食べることができます。どんな処理方法が良いのかご紹介します。

その場で捌いてしまおう!

ボラを台所で捌こうとすると取り出した内臓などが強烈に匂うので、釣った場所でそのまま捌いて下処理を済ませてしまうのがオススメです。処理方法は以下です。

  1. 木槌などで頭に一撃し気絶させ、エラの根本を切って血抜きします。
  2. 10分ほど、水を汲んだバケツの中で頭を下にしておきます
  3. 包丁の背を使って、尾びれから頭にかけてなぞり、鱗を落とします。
  4. 胸びれの骨から包丁を刺し、内臓を傷つけないように周りを切っていきます。
  5. 頭をひっぱり、内臓を引き抜きます。
  6. 胸びれを切り落とし、お腹を割きます。
  7. バケツに海水を汲み、鱗やヒラヒラの膜、血を綺麗にして下処理完了です。

様々な釣り方でボラを釣ろう!

いろんな釣り方があるので、自分にあったもので挑戦釣ることができます。初心者でも手軽に釣れるので、綺麗な場所でビックファイトを楽しんだら、自宅で美味しく調理をしてボラを味わいましょう!

NEXT ボラや料理方法についての記事はこちら