シャッドテールおすすめ11選!バスやソルトで活躍!使い方もご紹介

③ヒラメ

サーフゲームではジグヘッドにシャッドテールをセットして使うことが多く、表層からボトムまで丁寧にアタリのあるレンジを探してみましょう。イワシなどが接岸している状況では早巻きなど変化をつけて誘ってみましょう。

④マゴチ

ヒラメゲームと同じく人気のあるマゴチですが、釣り方はよりタイトにボトムをトレースすることがコツです。ズル引きか、ボトムのギリギリラインをリトリーブしていくことを意識しましょう。ただ巻きに特化しているシャッドテールが大活躍すること間違いなしです。

⑤カマス

フィッシュイーターのカマスにもシャッドテールは効果的で、捕食しているイワシなどに合わせて小さめのサイズをセレクトしましょう。エコギアなどから発売されているソルト用の夜光タイプがおすすめです。

⑥カサゴ

カサゴに限らず根魚全般にもシャッドテールはおすすめです。岩の陰に潜んでいるカサゴもシャッドテールから発生する波動をキャッチし、飛びついてバイトしてきます。ジグヘッドでボトムをダイレクトにコンタクトしたり、スイミングさせたりとアクションにアレンジを加えてみましょう。

シャッドテールを使うタイミングとは?

シャッドテールは時期を問わず投げれる万能なソフトルアーと言えます。ポイントについたらまず初めにジグヘッドで広範囲にサーチし、反応がなければレンジを変えたり、リグを替えたりと引き出しの多いルアーです。トップウォーターゲームから底釣りまでこなせることから、タックルボックスに必ず入れておきたいルアーです。

シャッドテールの弱点を語る

魚を釣ることに長けたソフトルアーですが、テールがちぎれてしまっては持ち味も台無しです。テールの繊細のアクションを可能にするため、つけ根は薄い作りとなっている点が弱点となります。

まとめ

ただ巻きだけでアクションが可能なシャッドテールは、初心者からベテランアングラーまで愛されているソフトルアーです。誰でも簡単に魚を釣ることができる万能ルアーなので、初めてのポイントで何を投げるか迷ったらシャッドテールを投げてみましょう。