驚異の的中率!予言者ババヴァンガの2019年の予言とは?それ以降の予言も

盲目の予言者ババヴァンガ。予言の的中率は85%を超えており、“女ノストラダムス”と呼ばれることも。そんなババヴァンガが2019年に起こると予言したこととは一体?この記事では、ババヴァンガが遺した5079年までの予言について紹介。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

ババヴァンガとは?世界中から注目を集めている予言者

Mysticsartdesign / Pixabay

ブルガリア出身の今、大注目されている予言者です。「ババ」とはブルガリア語でおばあちゃんを意味し、本名はヴァンゲリヤ・パンデヴァ・ディミトロヴァさんと言います。ババヴァンガという愛称で大きな影響力を持っています。

一体どんな予言をしたのでしょうか?世界から注目されている理由をご紹介します。

竜巻により失明し予言者の力を得る

Comfreak / Pixabay

彼女は現在、盲目です。12歳の少女だったババヴァンガは、竜巻に巻き込まれてしまいます。その際に凄まじい砂嵐によって両目の網膜が傷つけられてしまい光を失いました。

失ったものと引き換えに予言するという特殊な力を手に入れたのです。

不思議な力を手に入れた

Tumisu / Pixabay

予知能力が身についた彼女は、通常の人々には見えない不思議な生物から未来の出来事を夢の中で教わります。これが見事、的中しており人々を驚かせるのです。

的中率85%以上!?驚異の予言者・ババヴァンガ

geralt / Pixabay

その凄さは、瞬く間に世界へ拡散されます。世界の大きな事件を次々と的中させます。アメリカ同時多発テロ、スマトラ沖地震、オバマ大統領当選、エボラ出血熱流行、東北太平洋沖地震、福島原発事故という徒然なる大きな事件を予言しました。

数々の予言を遺したババヴァンガ!その数は数千以上

Mysticsartdesign / Pixabay

彼女は85歳まで予言者として多くの功績数はなんと数千以上です。16歳から予言者として活躍してきた彼女は、最後に地球について予言しています。5079年で世界は終わると言葉を残しました。

予言者と預言者の違いとは

KELLEPICS / Pixabay

同じ読み方をする「よげんしゃ」ですが意味が違うのです。イエスキリストが生まれるずっと前から、救い主があらわれ助けてくださることを伝えるのが、預言者で神の言葉を伝える人物を言います。

反対にババヴァンガのように未来を予想する人物を予言者と呼ぶのです。同じ読み方でも言葉の深さを感じます。

これまでに的中したババヴァンガの予言内容とは

geralt / Pixabay

そんな彼女の魔女のような予言は、世界に衝撃が走るとともに多大な影響力を与えました。それは世界中の人々の胸が痛む悲しい大事故や災害、世界初となる輝かしい歴史の門出など、大きなニュースを予言してきたからなのです。

予言してきた数千以上のものから代表して一部ご紹介します。

アメリカで起こった9.11同時多発テロ“鋼鉄の鳥が双子に衝突”

NEXT アメリカで起こった9.11同時多発テロ“鋼鉄の鳥が双子に衝突”