レインコートを自転車で!お迎えママも学生さんも濡れないおすすめ24選

目次

自転車用レインコートの種類を見ておこう

「雨の日に自転車に乗るときに着用するもの」と考えると一口にレインコート一択ではありません。ここではレインスーツ、レインポンチョ、レインコートについてそれぞれの特徴を見てみましょう。

レインスーツ

レインスーツは上下に分かれたレインウェアで作業着などとしても使われます。メリットは下半身もカバーされるため濡れる心配がないこと、デメリットは特にズボンの着用時に時間や手間を要することです。

レインポンチョ

レインポンチョは頭からかぶることのできるシンプルなウェアです。メリットは着脱が簡単であることやすっぽりとかぶることができるため荷物なども雨から防げること、デメリットは簡単な形状のため風のあおりを受けやすいことです。

レインコート

レインコートは上下が一体となったワンピースタイプのウェアで、多くは前開きの形です。メリットはデザイン性に富み、身体にフィットしやすいこと、デメリットは下半身や荷物を雨から防ぐことができないことです。

レインウェアのお手入れ方法は?

レインコートはできるだけ着た毎に洗濯をするのが望ましいです。洗濯をするときには、洗濯表示をきちんと確認してください。水の弾きが悪くなってきたら、撥水加工が可能な撥水スプレーを使うのも手です。お手入れ次第で、着られる年数も変わってきますよ。

レインコート自転車用おすすめアイテム①レインスーツ8選①パールイズミ

パールイズミは1950年創業、サイクリングのためのウェアを製造・販売している日本の会社です。ウェアに使用する素材の追求や独自の裁断技術の開発など製品開発に積極的に取り組んでいます。また、サイクリストの若手育成などにも力を入れています。

レーシングレインジャケット/レインズボン

[パールイズミ] EVA レインジャケット 2354 ホワイトクリアー 日本 L-XL (日本サイズL相当)

Amazonで見る

サイクリングウェアに特化している企業であるため、機能性抜群のレインウェアです。日本のブランドであるからこその優れた品質や日本人に合ったサイズ展開を行っています。今回は1ランク値段が低いレインジャケットを紹介します。
[パールイズミ] レイン パンツ 2357 ブラック 日本 XL (日本サイズXL相当)

Amazonで見る

同じメーカーから出ているレインズボンで上下完全防備も可能です。別売りとなっているので、もちろんセットで同時に買うのもよし、まず上着を買って、様子を見て後々ズボンの購入をするのもよしです。

NEXT レースにも使える性能