赤城神社主婦失踪事件の真相は?霊視結果やホームビデオの人物についても

赤城神社主婦失踪事件は「奇跡の扉TVのチカラ」で情報提供の呼びかけをした有名な未解決事件です。この記事は番組で入手したホームビデオや霊視結果、事件の噂を詳しくご紹介しています。また赤城神社主婦失踪事件の当事者・志塚法子さんの当日の様子についても詳しくまとめました。

この記事をかいた人

オカルトを愛して30年。特に怪談、呪術、未解決事件が好きです。情報の詰まった記事を心がけています。

赤城神社主婦失踪事件はこうして起こった

この事件は、家族と神社へ出かけた主婦・志塚法子さん(当時48歳)が忽然と失踪した未解決事件です。TVで取り上げられていたこともあり、記憶にある方も多いのではないでしょうか。事件は、いつどのような状況で起こったのか。法子さんについて、その特徴、外見や服装、同行した人物、出来事などを時系列でまとめました。

1998年5月に群馬県前橋市の赤城神社で起こった未解決事件

事件は今から21年前の1998年5月3日、群馬県前橋市三夜沢(みよさわ)町にある赤城(あかぎ)神社で起こりました。この神社は歴史遺産の宝庫として知られており、3kmに渡って植えられた山ツツジが有名です。そんなツツジも見頃のゴールデンウィーク真っただ中、観光客で混雑していた神社で事件は起こりました。

家族でツツジ見学に訪れていた

この日神社への参拝とシーズン中の山ツツジ群を見に、法子さんも千葉県白井市から、夫と娘、孫、叔父と叔母、義母の総勢7人で訪れていました。当日の午前9時、義母の突然の発案で神社行きが決まり、午前11時半頃神社に到着しています。

法子さんは、身長156cmに体重54kgのややぽっちゃり体型。この日はピンクの長袖シャツに黒のスカートを履き、眼鏡をかけていました。また、スカートに関しては赤とグレーのスカートとの情報もありますが、どちらにしろ目立つ服装であったことは間違いありません。

雨の中、夫・叔父の後に一人で賽銭をあげに神社に向かった

折しもこの日は大雨。かなりの土砂降りだったため、法子さんの夫と叔父、2人だけが車を降り、参拝のため神社へと向かいました。残りの5人は駐車場に停めた車で待機していましたが、数十分後、法子さんが何故か「やっぱり私もお賽銭をあげてくる」と言い出します。

彼女は慌てて花飾りのついた青いサンダルを履き、赤い傘を開き、神社を目指しました。ピンクのシャツ、黒のスカートと合わせて考えると、やはり非常に目立つ格好です。そしてこの時お賽銭として「101円のみ」という半端な金額を財布から取り出し、握っていったそうです。

娘が目撃したのは神社と反対の山側だった

法子さんが出発してから数分後、娘が子供をあやすため一度車外に出ています。この時、何故か神社の鳥居とは反対の、100mほど離れた林の中に一人で立っている法子さんを目撃。娘は何故あんなところにいるのだろうと不思議に思いましたが、少しの間目を離すと、娘は法子さん姿を見失ったと言います。

これに関しては、夫と叔父は鳥居を潜り本殿へ続く道を選びましたが、法子さんは焦りのためか鳥居と逆方向に位置する林の中の近道を通ろうとしたと考えられています。また法子さんは耳を患っており気圧の低い日は眩暈で倒れることがあったため、娘は法子さんを追って、およそ6分後に車を降りています。

神隠しか?赤城神社主婦失踪事件・捜査の経緯

しかし法子さんは見つからず、車に引き返すと戻ってもいませんでした。そして夫、叔父とも合流していないことが発覚。家族総出で探すも全く見つからなかったため警察へ通報しました。ついに捜査、捜索が始まります。

10日間大規模な捜査が行われた

janrye / Pixabay

通報を受け群馬県警は赤城神社及びその付近の山一帯を捜索しました。警察、消防団含め約100人を動員し10日間に渡って捜索しましたが、手掛かりになるものや遺留品も見つけることは出来ませんでした。参道は特に迷うほどの複雑さもなく、山道ではありますがかなりしっかりと整備されており大きな崖などの危険な場所も見当たりませんでした。

大勢の人がいたが有力情報はなし

NEXT 大勢の人がいたが有力情報はなし