チャイニーズハムスターの性格や飼育方法まとめ|寿命や長生きさせるコツも

ノーマル

ノーマルと聞いてもピンとこない方も多いと思いますが、分かりやすく言えば過去にハムスターアニメとして人気で会った「とっとこハム太郎」の主人公であるハム太郎のような配色と思っていただいて間違いないです。背の部分がブラウン色、腹部がホワイトで縦縞が縦に走っています。

シルバー

シルバーは先ほど説明したノーマルカラーの背部のブラウン色が、ちょっと色度を薄くして、グレーっぽくしたような銀色、すなわちシルバー色になっています。ほかの要素はブラウンとほぼほぼ変わりません。

シルバー(パイド)

シルバー(パイド)とは、先ほど紹介した二つのカラーの配色とほぼ同じなのですが、背中に斑模様があるという点が違います。そのため見分けるポイントは背中の部分に注目してそこに斑模様があるか否かを判断しましょう。

ホワイト

こちらのホワイトは、先ほど紹介した3つのカラーの配色と大きく違います。毛の色がすべて真っ白なのです。シルバー(パイド)・ホワイトはマイナーカラーなのでペットショップで見かけることも少ないと言えます。

チャイニーズハムスターの飼育方法①必要な道具

こちらのコラムではさっそく飼育する方法について考察していきたいと思います。まずは必要となってくる各飼育アイテムを5つほど、なぜ必要なのか、その特徴も交えて記載していきますので、目を通してみてください。

ケージ

アイリスオーヤマ ハムスターケージ 2階 クリアピンク

Amazonで見る

ハムスターのケージはイメージしやすいと思いますが、やはり回転車があるものを選ぶといいと思います。運動にもなりますし、見ている飼い主としても可愛しく癒されます。大きいサイズを選ぶとハムスターも自由に走り回れてよいです。

床材

ジェックス ごきげん快適マット 超お徳用 1kg

Amazonで見る

当然ハムスターということなので、木製や紙などの素材を使っている床材を使用しましょう。フォルトタイプのものは、小さな手に突っかかってしまうなどのトラブルの恐れもあるのでやめましょう。市販で売られているのものに、適度に紙をまき散らしておくとよいです。

NEXT 巣箱