燻製おすすめの食材20選|人気の定番や変わり種も!便利な燻製器も紹介

おつまみやおやつに美味しい燻製にはおすすめの食材がいっぱい。燻製と言えば!の定番から意外な食材まで香りを変えることで味わいが広がる大人な楽しみです。この記事では燻製のおすすめ食材をたっぷりご紹介。燻製の基礎知識やお家で簡単に燻製を作る方法・道具も解説します。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

あらゆる食材を風味アップ!燻製の基礎知識

MarkusHendrich / Pixabay

もともとは保存食でしたが、旨味を凝縮させることでより美味しく食べられます。さまざまな食材でアレンジすることができ、香りを変えることで味わい豊かな楽しみができます。まずは燻製の基礎知識からご紹介しいていきます。

燻製は冷燻・温燻・熱燻の3種類

wasi1370 / Pixabay

燻製を作るには、スモーカーと言われる熱煙を閉じ込めていぶす道具、スモークチップのような燻煙材、あとは電熱器とシンプルです。加熱温度によって燻製方法が異なり、温度が高い手法から順に熱燻、温燻、冷燻と並びます。

燻製に掛かる時間

nile / Pixabay

  1. 熱燻:80℃以上の環境でいぶします。燻製に掛かる時間は10~60分と一番簡単な方法です。
  2. 温燻:最も一般的な方法で、30~60℃でいぶします。ベーコンやスモークジャーキーはこの手法です。
  3. 冷燻:15~30度の低温でいぶすため温度調整が難しい方法です。生ハムやスモークサーモンが作られる手法です。

燻製の基本的な作り方

congerdesign / Pixabay

道具もシンプルですが作り方もシンプルです。

  1. まずは、材料を塩漬けすることから始めます。塩漬けが基本ですがピックル液やソミュール液に漬け込むアレンジ法もあります。
  2. 塩分量を調整しながら、日の当たらない風通しが良い場所で乾燥させます。
  3. スモーカーに入れていぶします。
  4. 出来上がったら味と香りを十分に馴染ませます。

美味しく仕上げるためのワンポイント

tomwieden / Pixabay

食材の美味しさをより引き出すためには、少しの工夫がポイントです。塩漬けする前に肉類は、繊維質やスジをカットしフォークを使って肉全体を刺して下準備しておきましょう。

食材本体の美味しさを保つために

Blendbloke / Pixabay

塩漬けして放置するときは空気に触れないように密封した袋に入れて味を染み込ませると酸化を防ぎ、食材本来の美味しさを味わうことができます。目安は1~3日漬け込むと保存期間が長くなります。

塩分量の調整方法

NEXT 塩分量の調整方法