ムツゴロウ王国の現在は?北海道に戻った?畑正憲の噂や天才伝説も

タバコと共に生きる

Free-Photos / Pixabay

彼の父親は医師でした。大分県に住居を構えていた少年時代では、終戦後だったために愛煙家だった父のためにタバコ拾いが日課でした。畑少年は、吸い殻を分解して集め、新たなタバコを作っていました。

東京大学に入ってからタバコを覚える

pixel2013 / Pixabay

大学時代にタバコを吸い始めた彼は、作家となってからヘビースモーカーに変身します。執筆を始める前にタバコを吸うとやる気が出ると公言しています。

健康体だから楽しめる

klimkin / Pixabay

彼は50年間休みなしで働いています。特に全盛期の頃には1年の半分が海外ロケという過酷な生活を30年続けました。緊張状態が続くことから風邪などひいたことがないようです。健康だからこそタバコも楽しめるのですね。

タバコと共に生活している

mvdsande / Pixabay

たくさんのロケ地へ行きタバコも吸ったそうですが、砂漠の乾燥した地域や標高が高く空気が薄い地域ではタバコが不味かったそうです。やはり日本で吸うタバコが一番美味しく、朝起きてカーテンを開けてタバコを吸う瞬間が一番の快感だと言っています。

ムツゴロウ王国からまだまだ目が離せない!

Free-Photos / Pixabay

現在のムツゴロウさんは、借金もなく度々イベントを開催するなど80代とは思えないほどパワフルで、発想力豊かで自由な人生を謳歌しています。今まではエッセイがメインでしたが小説執筆に力を入れており、映画化もされているほどです。

優れた発想力から新たなアイディアが誕生するかもしれませんね。まだまだ目が離せないムツゴロウさんです。

マランダーに関する記事はこちら

イリエワニに関する記事はこちら