キビレ生態と釣り方まとめ!そっくりなチヌとの見分け方は?

生態から見たキビレの釣り方

チヌを釣る時は居着きと回遊の2パターンの釣り方を考える必要があります。キビレに関しては汽水域を好む傾向がありますので、河口に回遊してくるキビレをチニングで釣るのが良いと思っています。今回は居着きを狙うへち釣りと回遊してくるキビレをルアーで狙うチニングの釣り方について紹介したいと思います。

キビレを狙ったヘチ釣りについて

みなさんはヘチ釣りという釣り方をご存知でしょうか?へち釣りは防波堤などのヘチ(ふち)にエサを落とし込んで釣る釣り方で、関西では落とし込み釣りと呼ばれています。特徴的なのは使用するリールで、タイコリールと呼ばれる1:1回転のリールを使い、魚とのダイレクトなやり取りを楽しめます。

ヘチ釣りの仕掛け

ヘチでは上から餌が落ちてくるのを演出します。そのために通常のような重いオモリは使いません。ガン玉と呼ばれるオモリの一部に切り込みがあり、鉛でできている軽いオモリを利用します。またウキのような目印も使わず、代わりに目印仕掛けと呼ばれる2.5m~3m程度の発砲シートのついた糸の動きであたりを取るのが特徴です。

ヘチ釣りに必要な道具

ヘチ釣り専用のロッド、タイコリール、道糸、目印、ハリス、ガン玉、針。このほかに、ガン玉を潰してセットするためのプライヤー、キメジやチヌがかかった時に取り込むためのタモなどが必要になります。

ヘチ釣りのやり方

エサをヘチ際ギリギリにゆっくりと落とし込んでください。壁から落ちたカニ等の餌が落ちてくるイメージです。着底してから5~10秒ほどアタリがなければ竿先をあげて2M間隔で移動し、落とし込みます。アタリはコツコツと感じたり、ぐっっと重くなったり様々です。アタリを感じたら、竿をス―と持ち上げ、聞きアワセであわせましょう。

キビレ・チヌを狙う際にヘチ釣りのお勧めリール

ヘチ釣りにはタイコリールと呼ばれるブレーキシステムが搭載されていない特殊なリールを利用します。今回はそんなタイコリールの中でもお勧めの商品を紹介します。

THE ヘチリミテッド 88W-RT


出典:Amazon
ヘチ釣りにお勧めのリールは黒鯛工房のTHE ヘチリミテッド 88W-RTです。タイコリールは最低限の機能しか搭載されていませんので、普通のリールのようにベール等の機能が搭載されていません。釣り場でセットする時に気づいたらリールから糸が出ているなどの問題を防ぐクリックストッパーがヘチリミテッドには搭載されています。

キビレ・チヌを狙う際にヘチ釣りのお勧めロッド

ヘチ釣りには2~3mの長さの竿を利用します。長さの選択方法としては足場の高さで選ぶとよいでしょう。竿先と水面が近ければ近いほど糸が風にあおられずにすみますので有利になります。今回はヘチ釣りに利用する竿の中でもお勧めの商品を紹介します。

へちさぐり銀次郎


出典:Amazon
ヘチ釣りといえばがまかつのへちさぐり銀次郎が有名です。感度が高く、チヌの繊細なアタリもコツコツと感じることのできる素晴らしい逸品です。穂先は元竿に収納可能になっています。自重も157gとかなり軽いので1日かけての釣行にも最適です。

NEXT キビレ・チヌを狙う際にヘチ釣りに使うお勧めの餌