キビレ生態と釣り方まとめ!そっくりなチヌとの見分け方は?

キビレ・チヌを狙う際にヘチ釣りに使うお勧めの餌

チヌやキビレは雑食性の強い魚で、地域によって食性が全く違います。釣り具屋で購入できる練り餌などの他に、イガイやカニなど現地で採集できる餌もさまざまです。今回はその中でも効果の高い餌について紹介してきます。

イガイ

イガイと呼ばれる貝はチヌ釣りのメインとなる餌です。イガイがついている堤防には居着きのチヌがいます。現地で採取できるのでエサ代もかかりません。またチヌやキビレ以外のエサ取りが反応を示さないのも利点の一つです。

カニ

ゴロタ石をめくって採ることができるカニも強力な餌の一つです。またカニは釣具店でも販売されているので、わざわざ集めなくても購入することもできます。ただ、イガイと違ってカニはフグなどのエサ取りも釣れてしまいます。

ねり餌

生き物系の餌はちょっとという方にお勧めのエサです。その中でも食い渋りイエローはチヌやキビレを狙う時におすすめといえます。チヌやキビレは黄色に反応を示し、視認性も高いので、濁り潮や深場でも強烈なアピールができます。また、他のエサ取りが反応を示さないのも利点の一つです。

チニングについて

チニングという言葉を聞いたことがありますか?キビレやチヌをルアーで釣ることをチニングと呼びます。特にキビレは汽水域を好むので河口に回遊してくるキビレを広範囲で探れるチニングは理に適っています

チニングの釣り場について

チヌやキビレは磯や外洋でも釣れますが、チニングは回遊してくるチヌやキビレを狙うので、河川の河口や港湾部、サーフなどがメインになります。シーバスが釣れる河川ではチニングができると考えて大丈夫です。

生態から見た河口でキビレを狙ったチニングができる時期

河口のチニングで気をつけなければならないのは、河口にチヌやキビレがいない時期があるということです。チヌもキビレも水温が下がると河口から海の深場へと移動してしまいます。また産卵期には海で産卵するために河口からやはりいなくなってしまいます。河口にターゲットがいる時期を見定めるのは河口でチニングをする上で重要なポイントです。

産卵期

キビレが秋に産卵するのに対し、チヌは春に産卵期を迎えます。チヌもキビレも産卵は海水域で行うので、産卵期には河をくだり、海に移動してしまうので、河口にはほとんどチヌやキビレがいなくなってしまいます。

水温が低い時期

チヌやキビレの適水温は10~30℃と言われています。さらに理想な状態は20~25℃です。水温が20℃を下回ると河口から海の深場に移動してしまうので、これもまた産卵期と同じく河口からターゲットがいなくなってしまいます。

チニングに適した夏

逆に河口でのチニングに最も適した季節は夏になります。チヌ、キビレともに高水温に強い魚で、活性も高まる季節になります。春も河口でのチニングに適した季節になりますが、チヌが産卵期を迎えるため、河口ではキビレのみを狙った釣りになってしまいます。キビレは関東にはあまりいないため、春のチニングは関西以南で成立する釣りといえます。

NEXT トップウォーターでチニングしてみよう