釣り具メーカーのおすすめ30選!特徴と併せて、一押しアイテムもご紹介!

釣り具メーカーは今や世界中にあります。日本のメーカーには日本ならではの魅力が、海外のメーカーには海外ならではの魅力があります。この記事ではおすすめ釣り具メーカとおすすめアイテムを一挙紹介します。この記事で釣り具メーカーそれぞれの違いについて知ってみましょう!

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

目次

釣り具メーカーは世界中にある

釣り道具を作るメーカーは世界中を探すとかなりの数があり、日本だけでも数十社存在します。どのような物を扱っているかというと、リールやライン、ロッドやルアーなどの釣りに欠かせない道具を主に作っています。

しかし、その扱う道具のジャンルは幅広く、必需品以外にも、ウェアやボックス、靴やニッパーなどの工具に至るまで幅広く取り扱っている会社もあり、どれもスタイルに適したアイテムを展開しています。

川や海などシーンが変わることはもちろん、サビキやルアーとスタイルが変わるとアイテムも変わるのでそれだけ多種多様なアイテムがいくつも展開されていることになります。

釣り具メーカーは釣り具だけではない!

各社豊富なラインナップしているわけですが、どのメーカーも同じものばかり展開しているのかというと違います。例えば、工具などやウェアなどはアウトドアにも使用できるようなものを数多くそろえている会社もあり、けっして釣り専門だけではないです。

釣り具といえば、ロッドはルアーといったイメージを強く持つ人もいますが、これらの幅広く商品をラインナップしているところは総合メーカーと呼ばれ、ファッション性の優れたものなど多岐にわたってそろえているのです。

よりファッション性や機能性を求める、あるいは低価格なコストで買いそろえたいという時には、専門性が高くなく汎用性に富んだ比較的コストも抑えた品が総合メーカーには揃っていることも多いので、底から探すことができます。

釣り具専門メーカーならではの魅力

釣り専門として扱うならではの会社もあります。それが専門メーカーです。こちらで取り扱う商品の中では釣りに使う道具に特化したものばかりで、それもいくつものジャンルを取り扱っているところは少ないです。

例えば、ラインやリール、ロッドやルアーとどれか一つ、あるいは二つを専門で取り扱っているところがあります。専門性が高く、品質も職人が作っているので非常に高いことが挙げられます。コストも高くなりますが、手触りからアクションまで非常に高品質です。

自分の今必要なアイテムを確認し、より上級者向けのスタイルで楽しみたいのであれば、これらの高機能で専門性の高いアイテムを使うと、その分釣果にも反映されるでしょう。

釣り具メーカーのおすすめとアイテムをご紹介!

数ある道具の中から自分に合うものを探すなら、まずはメーカー情報からおさえていくことから始めると、道具を厳選しながら楽しむこともできるでしょう。機能とコストどれも妥協せず選ぶためにも、メーカーと展開されるおすすめアイテムを紹介します。

おすすめ釣り具メーカー①総合メーカー

おすすめの注目メーカーを紹介していきますが、数ある中からおすすめをピックアップするとかなり迷いがちになります。そこで、まずは専門アイテムばかりでなく、その他の色々なアイテムまで手掛けている総合メーカーについてピックアップしていきましょう。

おすすめの総合釣り具メーカー1.シマノ

道具を購入したことのある人であれば、一度は聴いたことのある定番の会社です。リールから始まり、釣り道具は一通りのものがそろうのが特徴です。使いやすく、ユーザー目線で商品が展開されており、初心者にもおすすめのアイテムが豊富にそろっています。

シマノの特徴

NEXT シマノの特徴