シーバス専用ベイトロッドのおすすめを紹介!ベイトロッドの利点とは?

ベイトリールを大切に使おう

TheDigitalWay / Pixabay

リールのボディの部分にルアーの針を引っ掛けている画像を見たことはないでしょうか?もちろんそれが原因で壊れることはありませんが、尖っているものを引っ掛けているので傷がついてしまいます。そんなときに便利なアイテムの紹介です。

富士工業 ルアー用フックキーパー EHKM-IGR

富士工業(FUJI KOGYO) ルアー用フックキーパー EHKM-IGR

Amazonで見る

こちらは取り付けが非常に簡単で本体のフックを付属のゴムリングで止めるだけです。このフックに引っ掛けることによって大切なリールに傷がつくことを防げます。さらに見た目も安っぽい感じはしないのでロッドの見た目も損ないません。

  • 付属品:フック・ゴムリング(大小1つずつ)
  • カラー:ブラックボディ/ゴールドプーリー
  • 価格:2019/5/4現在で¥371

ラインの種類は?

先ほどベイトリールについての紹介をしましたが、詳細の中にフロロ・ナイロン・PEというラインがあったことを覚えているでしょうか?簡単ですがどんな性能があるのかに触れておきましょう。

フロロ

一番のメリットとしては根ズレに強いことでしょう。根ズレとは障害物にラインが擦れることによってラインが傷つくことです。デメリットとしては巻いたときの癖が残りやすいことや価格が少し高価なことでしょう。

ナイロン

柔らかく伸びやすい性質なのでライントラブルが起きにくく、価格も安価なのがメリットです。デメリットは水を吸収しやすいので劣化が起こりやすく、ラインの交換の頻度が比較的多いことでしょう。

PE

引っ張り強度が強いので、伸びにくく感度が非常に高いことがメリットです。デメリットとしては摩擦に弱いためラインに傷が入った状態で引っ張ると傷の部分から切れてしまうことになります。

PEラインの使い方はこちらの記事をどうぞ。

シーバスゲームはベイトロッドがアツい!

TheDigitalWay / Pixabay

いかがでしたでしょうか?ベイトタックルは初心者に敬遠されがちですが、メーカーそれぞれの高度な技術を採用することによって以前よりも難しさは抑えられています。もし少しでも興味がわいたなら、ぜひベイトタックルのデビューをしてみましょう。

NEXT ベイトリールに関する記事はこちら