シーバス専用ベイトロッドのおすすめを紹介!ベイトロッドの利点とは?

ダイワ モアザン モバイル 87MLB-5

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド ベイト モアザン モバイル 87MLB-5 釣り竿

Amazonで見る

レベルの高いクラスに匹敵する性能と携帯性を両立させることを目標にして開発されているロッドになります。そのためより身近に、より手軽に釣りを楽しめるようになりました。

たとえ本格的に釣りを行う時間がない日常だとしても、携帯性の優れているこちらのロッドを持っていくことによって、本格的な性能を備えたロッドを使った釣りができます。

持ち運び便利

photo-graphe / Pixabay

通常は継数が2本のロッドが多いのですが、こちらは5本と他のロッドよりも本数が多いのです。それによって他のロッドと比べてもコンパクトにできるので携帯性が上がっています。

中間からグリップを強化

継数が多くなることのデメリットとして継ぎ目によってロッドの性能が落ちてしまうことでしょう。しかしこちらは中間からグリップまでを強化し、穂先はしなやかな作りになっているので他のロッドにも引けを取りません。

詳細

  • 全長:2.61m(8.7feet)
  • 継数:5本
  • 仕舞寸法:58cm
  • 自重:152g
  • 適合ルアーウェイト:7g-35g
  • 適合ナイロンライン:6lb-16lb
  • 適合PEライン:0.6号-1.5号
  • カーボン含有率:99%
  • 価格:2019/5/4現在で¥53,679

おすすめのシーバス用ベイトロッドその③ボートシーバス編

ダイワ ラブラックス AGS BS 65LMB

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド ベイト ラブラックス AGS BS 65MLB 釣り竿

Amazonで見る

ランカーと呼ばれる80cm以上の大型のシーバスは当然引きが強いです。そんなシーバスを障害物から引きずり出せるようなパワーを持っているロッドになります。

さらにボートで使用することを前提として作られているので、ボートシーバスに必要な性能が備わっており、釣果にも非常に大きなメリットを与えてくれるでしょう。

反発力を使った投げ込み

aitoff / Pixabay

このロッドは反発力が強く設計されています。しかも仕掛けを投げ込む前はルアーの重量がかかったときにロッドが綺麗に曲がってくれるのです。投げる直前でその反発力を活かした投げ込みが可能です。

やりとりの操作が軽快

ルアーの操作が行いやすいのはもちろんですが大きなシーバスの口に針を引っ掛けた後も、暴れてあちこちに動き回るシーバスをコントロールできて有利にやりとりを進められます。

詳細

  • 全長:1.96m(6.5feet)
  • 継数:2本
  • 仕舞寸法:102cm
  • 自重:120g
  • 適合ルアーウェイト:7g-30g
  • 適合ライン(ナイロン・フロロ):6lb-16lb
  • 適合PEライン:1.0号-1.5号
  • カーボン含有率:97%
  • 価格:2019/5/4現在で¥29,376
NEXT ダイワ ソルティスト TG 65MHB