吉展ちゃん事件の全貌|警察がミス?死刑囚・小原保の生い立ちや自白の記録

吉展ちゃん事件は当時「戦後最大の誘拐事件」といわれた身の代金目的の男児誘拐殺人事件です。犯人の小原保の生い立ちや自白の記録、事件を担当した弁護士や検察医の証言を元に吉展ちゃん事件の全貌に迫ります。また事件を題材にしたドラマについても紹介します。

この記事をかいた人

趣味は、読書、映画鑑賞、漫画、アニメ、動画投稿サイト閲覧、麻雀、チェス、料理、家庭菜園、養蜂、旅行、ドライブ、歴史、民俗研究、ネットオークション、カクテルなどです。日本各地に移り住み、仕事やアルバイトもいろいろとやってきました。

吉展ちゃん事件とは?

vinsky2002 / Pixabay

高度経済成長期、東京をはじめとする大都市は急速に発展し、地方からの出稼ぎ労働者で溢れていました。過密化する都市部と過疎化す農村部との格差に比例し、富裕層と貧困層、経営者と労働者の格差もまた、浮き彫りになってゆきます。事件が起こったのは、そんな時代のさなか、東京オリンピックを翌年に控えた1963年です。

「戦後最大の誘拐事件」と呼ばれたゆえん

Pexels / Pixabay

人質やその家族への被害拡大を防ぐため、警察の要請でマスコミの報道を規制する「報道協定」が、日本で初めて取り入れられたのは、この事件からです。このことのみならず、今日まで続く法律、犯罪捜査や人質救出の手法、また、映画やドラマ等における人質誘拐事件のイメージにも大きな影響あたえました。

解決まで実に2年3ヶ月の期間を要し、公開捜査に至ってからは、テレビ、ラジオ、新聞などのメディアで、連日大々的に取り上げられます。大勢の国民が容疑者の情報を寄せ、被害者の安否を案じたこの出来事は、日本における劇場型犯罪の走りともいわれています。日本で起きた劇場型犯罪としては、以下で紹介する事件も有名です。

事件の概要

Soledadsnp / Pixabay

1963年の東京で4歳の男の子が連れ去られました。その後、家族に身の代金を要求する電話があり、用意された50万円は警官による監視の中で、まんまと相手に持ち去られます。公開捜査に踏み切るも、容疑者が特定できず、人質の行方も分からないまま、事件は迷宮入りかと思われていました。

そこで、警視庁は担当チームを一新し、後に「昭和の名刑事」とうたわれる平塚八兵衛を起用します。平塚は容疑者として挙げられていた30歳の男性、小原保のアリバイを崩すことに成功し、ついに自供に導きました。結果、被害者は殺害された状態で見つかり、小原には死刑の判決が下ったのです。

吉展ちゃん事件の始まり

Free-Photos / Pixabay

後に全国からの注目を集め、日本犯罪史に残ることとなる大事件は、どのように始まったのでしょうか。4歳児の失踪は、当初ただの迷子と思われ、攫われたと分かったのちも、身の代金目当てとは思われていませんでした。

神隠しのように消えた吉展ちゃん

ariesa66 / Pixabay

3月31日、台東区入谷378(現在の台東区松が谷3丁目に当たる)で工務店を経営していた村越繁雄さんの長男、吉展ちゃんが失踪しました。17時40分ごろに「公園に行く」と言って遊びに行ったきり、帰ってこないのです。

公園とは自宅の目と鼻の先にある入谷南公園のことで、まだ明るく人目もある中、母親の豊子さんはほとんど心配なく、息子を送り出しました。しかし、18時ごろになって帰宅した妹たちに尋ねたところ、公園内に吉展ちゃんの姿は見えなかったとのことです。

19時頃、父親が近くの交番に届け出る

Free-Photos / Pixabay

いよいよ心配になった繁雄さんが、下谷北署(現在の下谷署)に捜索願を届け出ました。この時署は迷子として手配しており、警視庁への通達が遅れてしまいます。この初動の遅れがまず、被害者救出失敗の原因の一つになったと言えます。

捜査一課が目撃情報を集めた

kabaldesch0 / Pixabay

連絡を受けた警視庁の捜査一課は翌4月1日、入谷周辺で聞き込みを行います。その結果、8歳の小学3年生、菊雄君から、有力な証言を得ることができました。その日、壊れた水鉄砲に水を入れようとてこずっていた吉展ちゃんに、声をかけてきた人間がいたというのです。

「坊や、いい鉄砲だね」そう言いながら吉展ちゃんに近づいてきたのは、身長160㎝ほど、灰色のレインコートを着た30歳ぐらいの男だったと言います。

警察は変質者の線で捜査を開始

NEXT 警察は変質者の線で捜査を開始