アルビノの美しい人や動物をご紹介|活躍して強く生きる裏には苦悩も

アルビノは美しいと思いませんか?元が白くない生き物が白いと神々しいまでの魅力を感じます。しかし、同時にアルビノに生まれたことによる苦悩もまた問題です。今回はアルビノの美しい人を紹介すると同時にアルビノが抱える問題について考えたいと思います。

この記事をかいた人

大学、大学院を獣医学部にて過ごし、養った知識と共に、興味あふれる内容をお届けします。

アルビノの美しい人と動物をご紹介

「アルビノ=白」として認識している方が殆どではないでしょうか。そして何といってもその現実離れした美しい姿はファンタジーから飛び出してきたような錯覚も覚え、ついつい見入ってしまう事も少なくはありません。この記事ではそんなアルビノの美しい人や動物をご紹介させていただきます。

アルビノとは

アルビノとは動物学上でメラニンと言われる色素成分を先天性に作れない人や生き物の事をいいます。美しい見た目を持つアルビノは遺伝性疾患として病名としての言葉です。生きている動物の体内で不要なものは作られていません。つまり、メラニンも生きる上で重要な働きを持っているのです。

そのメラニンを作れないアルビノは、それ故に強いられる生命活動への不利益もあります。そういった人知れない苦労の末に生まれ持った美しさがあるということを、私たちは念頭に置いておかなければいけないのです。

アルビノの症状

アルビノが白いというイメージになっているのは、その毛の色や皮膚の白さによるものです。本来色を有するはずの組織で色素が作られず、プラチナブロンドのような色に特徴づけられています。メラニンが不足すると紫外線への抵抗がなくなり、視力にも影響を及ぼすとされています。

アルビノの美しい人①

ナスチャ・クマロヴァさん

アルビノモデルとして日本でも有名なナスチャ・クマロヴァさんはモスクア生まれのロシア人です。ご本人も二本が大好きと公表しており、自信のインスタグラムでは日本アニメのコスプレ写真の投稿も行われています。

インスタグラマー

インスタグラマーとして自信の写真を投稿しており、5000件近い投稿にフォロワーが10万人にも及ぶ大手のインスタグラマーです。アルビノモデルとしての自身の姿や、ナスチャさんの日常などを細かに投稿されています。

エルフの女王

元彼が撮った写真がスカウトマンの目に留まった事からナスチャさんのモデル人生が始まったと言われています。有名雑誌Vogueでのモデル活動をもとに、その美しすぎる姿から「エルフの女王」とも別称として呼ばれています。

アルビノの美しい人②

NEXT アルビノの美しい人②