片瀬漁港で釣りを楽しみたい方必見!ポイント、釣れる魚、駐車場情報など

片瀬漁港(白灯台・堤防先端)狙い目の魚

投げ釣り・ちょい投げでよく釣れるのは、シロギスシタビラメ、その他イシモチやなどです。またメゴチやヒイラギやフグも数が多く釣れるそうです。釣果は日ごとに変わり、よく釣れる日もあれば、全然釣れない日も多々あります。

片瀬漁港(白灯台・堤防先端)駐車場

堤防先端には、駐車スペースがありますが、長い時間は止められません。比較的近い駐車場は、NPC24H江ノ島第2パーキングと言う所があり、片瀬江ノ島駅近くにあり、収容台数は7台で、料金は最大料金はなく平日6時間ごとに1,400円、土日祝は4時間ごとに2,000円になっています。

片瀬漁港のおすすめポイント④(赤灯台)

境川河口沿いにある、左側の堤防は、赤灯台のある堤防で、東防波堤と言い、湾内を囲み込むようになっています。ここも、白灯台ように、釣り糸を垂直に下ろすことが出来、非常に釣りやすく、いろんな種類の魚が釣れます。

片瀬漁港(赤灯台)の釣りのしやすさ

白灯台と同じく、遠浅の海底になっているので、根がかりもなく、投げ釣りにも最適で、海底の深さも沖のような深海ではないので、子供や女性にも向いていて楽しく釣れることが出来ます。場所は人が並んでも広く、相当な人数で釣ることが出来ます。

片瀬漁港(赤灯台)水中の状況

足元の水深は、深いところは5~6mで、大半は3~4mで,湾内を除きどこも浅いです。また、赤灯台近辺は極端に浅いところありで、全体にどこの場所でも遠浅の海底となっていて、根がかりはないところばかりです。

片瀬漁港(赤灯台)狙い目の魚

投げ釣りでは、ヒイラギがよく釣れボウズはないです。他にメゴチやニベ、まれにへチ、カワハギ、ウミタナゴ、シマダイも釣れます。サビキでは、子アジ、子サバ、マイワシが釣れ、秋には、ワタリガニ、赤灯堤防では、チチブやドロメも釣れます。

片瀬漁港(赤灯台)駐車場

リパークデニーズ江ノ島店という駐車場があり、収容台数32台で、24時間営業していて、平日6:00~0:00で30分400円、0:00~6:00で60分100円、土日祝6:00~0:00で30分600円、0:00~6:00で60分100円、車両制限は高さ2.1m、長さ5.00m、幅1.9m、重量2.00tです。

片瀬漁港のおすすめポイント⑤(東プロムナード)

片瀬海岸の東側にあり、駐車場もあって境川の堤防のような機能もあります。境川の川底は岩盤や石や流れてきたゴミで根がかりしやすく、投げ釣りをするときは注意して様子を見ながら釣るようにして下さい。先端部が比較的釣りやすいです。

NEXT 片瀬漁港(東プロムナード)の釣りのしやすさ