片瀬漁港で釣りを楽しみたい方必見!ポイント、釣れる魚、駐車場情報など

(豆知識)サビキってどんな釣り方?

サビキ釣りとは、餌に似せた疑似餌針を何個か付けて、一番下にまき餌(アミエビ)を入れたカゴを連結させたもので釣る釣り方です。堤防で行うサビキ釣りは、初心者でも簡単にできる釣り方で、生き餌を使って釣る方法ではないので生き餌が苦手な人でも安心です。

サビキでよく釣れる魚は?

比較的よく釣れる魚は、アジ・カワハギ・ホゴ・メバル・サバ・タイ・クロ・チヌなどです。サビキで狙えるおもな魚の代表的なものですが、この他にもたくさん釣れます。また、季節が変わるとその都度違った魚が釣れ楽しめます。

サビキの仕掛けで必要なもの!

  1. 竿:1.2~1.5号クラスの出来れば5m以上のもの
  2. リール:2号クラスの道糸が100m程巻けるもの
  3. 道糸:出来れば2~3号あれば十分
  4. サビキ:釣具店で購入できる市販品でOK。針の号数は春は5号、秋は7号くらいでよい
  5. 下カゴ:サビキ釣り用のプラスチック製のものでOK。大きさは中型
  6. エサ:ジャンボアミ(1人で1日釣るのに1角3㎏あれば十分)
  7. クーラーボックス:小型クーラーで十分
  8. 氷:魚を冷やすため

その他のサビキ仕掛け①上カゴ仕掛け

カゴを上に持ってくることで、効率的にアジを引き寄せる仕掛けですが、上のカゴと下のオモリと支点が2つできるので、初心者には、扱いが難しくて非常に絡みやすいです。初心者が最初の扱うには下カゴの仕掛けを選んだ方がいいでしょう。

その他のサビキ仕掛け②遠投サビキ仕掛け

足元では、小型の魚ばかりが釣れてしまうので、沖の大型の魚も狙いたいです。そんな時に使いたいのが、この仕掛けです。サビキ仕掛けの上に、棒ウキを持ってくることで、沖の一定の棚を狙うことが出来ます。ただ、食いがあまい日は、食い込みも悪いので春から秋に向いてる仕掛けです。

その他のサビキ仕掛け③遠投サビキ天秤仕様仕掛け

遠投サビキ仕掛けで、何かわからない大型のあたりががあった時や、いい大きさのアジがいた時など、この仕掛けを使うと大物が狙えます。仕掛けは、下カゴの下に天秤を半田付けし、その先のハリス・針をセットして使います。サビキの詳しい情報はこちら

(豆知識)江ノ島は釣れるの?

片瀬漁港から少し足を伸ばせば、江ノ島があります。夏は海水浴ですごく賑わいますし、江ノ島神社に参拝する人や、釣り場としても有名で、磯釣りや、釣り船で少し沖へ出たりしてファミリーでも十分に楽しめます。

江ノ島へのアクセスは?

車で行くには、山梨県や群馬県方面からは中央道八王子JCTから圏央道を通り、茅ヶ崎海岸ICを降り国道134号線を江ノ島方面へ、静岡県や東京都方面からは、東名高速から厚木ICで降り、国道129号線を平塚方面から国道134号線に入り江ノ島方面へ行きます。

電車で行くには、JRの大船駅から湘南モノレールに乗り、湘南江ノ島駅で降り、徒歩で15分ほどです。他にJR藤沢駅やJR鎌倉駅から、江ノ島電鉄で江ノ島駅で降り、徒歩で15分ほどと、新宿駅から小田急線で片瀬江ノ島駅で降り、徒歩で10分ほどで着きます。

江ノ島の駐車場は?

一番近い江ノ島なぎさ駐車場は、営業時間は、7・8月は6:00~21:00、その他は7:30~21:00、駐車料金は7・8月は最初の2時間は、820円で2時間を超えると30分ごとに280円で、最大2,060円で、その他は、最初の2時間は、620円で2時間を超えると30分ごとに200円で、最大1,540円となっています。

また、江ノ島観光協会駐車場は、24時間営業で、普通車は1時間400円、大型バスは1時間1,000円で、普通車でも全高が2.3m以上は大型車料金となります。普通車は78台止められます。また、夜間江ノ島ゲートが閉まるので、片瀬海岸には帰れませんので注意してください。

NEXT 江ノ島での釣り場ポイント①松ヶ崎