スイホウガンはぷっくりしたほっぺが可愛い!袋の中身と飼育方法も!

「スイホウガン」はぷっくりしたほっぺたのような見た目が可愛らしく、ペットとして人気が高い金魚の一種です。ここでは、そんなスイホウガンの袋の正体や、飼育方法を詳しく紹介していきます。愛らしい見た目にぜひ癒されてみましょう!

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

スイホウガンとは

これからだんだんと各地で祭りが開催され、屋台も増えてくる時期となり、その屋台の一つである金魚すくいは良き夏の風物詩でありますが、もしそんな金魚の中に今回ご紹介するスイホウガンが混じっていたら、ひと際目立つことでしょう。どういったことかわからないはずですので、その生物について順を追ってご説明していきます。

ふくらんだほっぺたがかわいい金魚

その正体は魚であり、そして金魚なのです。見た目は一般的に想像されるものとはかけ離れていて、その最大の特徴である、大きくふくらんだほほのように見える部分がかわいいのです。そのほほの正体もこの後お話しさせていただきます。

中国原産

私たち日本ではあまり見かけることはないですが、お隣の中国ではペットとしてポピュラーなのです。そして原産国も中国となっています。大きさはだいたい10センチメートル前後で、重さに関しても金魚と大差ないです。

この地球上には大きさは同じくらいですが、その体色や見た目が大きく異なる熱帯魚が数多く存在します。そのような熱帯魚でもひときわその体色を綺麗に輝かせるラミレジィという魚がいます。そんなラミレジィについて気になる方や興味のある方は是非こちらの記事をご覧ください。

スイホウガンのかわいい袋の中はどうなってる?

前述でご説明した通り、ひときわ目立つその大きな可愛いほっぺが魅力的な金魚ですが、その可愛いほっぺは一体何なのでしょうか?またその袋の中身はなにがつまっているのでしょうか?そんな疑問についてお答えしていきます。

眼球の角膜

我々人間やそのほかの生物たちの目の中には、透明でありピントを合わせる働きがある角膜が備わっています。実はその可愛いほっぺたの正体は眼球の角膜が肥大化したものだったのです。つまり厳密にいうとほっぺではなかったということなのです。

リンパ液が詰まっている

果たしてそのほっぺの様な角膜の中身は何が詰まっているのでしょうか?私たち人間の場合は涙でおおわれているそうですが、そのほっぺの様な角膜の中身にはアルカリ性であり淡い黄色の透明な、リンパ液がたっぷり詰まっているそうなのです。

スイホウガンの性格

果たしてそんなちょっと間抜けで愛着がわいてしまいそうな金魚の亜種とも呼べる存在は、どんな性格をしているのでしょうか?こちらの見出しではそんな性格や内面のことについて詳しく記述していきます。

動きが鈍くおっとり

NEXT 動きが鈍くおっとり