タイヤネックレスは残虐なリンチ処刑!南アフリカで続く衝撃の処刑方法と歴史背景

タイヤネックレスは史上最も残虐な私刑方法です。南アフリカのアパルトヘイトに立ち向かう闘争の中で生まれたタイヤネックレスはその目的をかえ、今も南アフリカ周辺で行われています。衝撃の画像と共にタイヤネックレスの処刑方法と歴史的背景を解説します。

この記事をかいた人

趣味は、読書、映画鑑賞、漫画、アニメ、動画投稿サイト閲覧、麻雀、チェス、料理、家庭菜園、養蜂、旅行、ドライブ、歴史、民俗研究、ネットオークション、カクテルなどです。日本各地に移り住み、仕事やアルバイトもいろいろとやってきました。

タイヤネックレスとは

JamesDeMers / Pixabay

過去、洋の東西を問わず、人類は罪人に対する見せしめや復讐の意味を込めて、残酷な刑罰、処刑方法を考案してきた歴史があります。そのような残酷刑は、犯罪者の人権を鑑みられるようになった現代において、消滅したのでしょうか?

近年、知るもおぞましい残忍な刑罰が、21世紀の現代においても行われていることがニュースとなり、ネットで注目されました。「タイヤネックレス」あるいは、単に「ネックレス」、英語では「Necklacing」と呼ばれるものです。

adonyig / Pixabay

これは、生きている人間に火をつけて、焼き殺すことを目的とした死刑の一種です。ただし、ただの火やぶりとは異なり、その名の通りタイヤという身近な道具を用いて、より凄惨な苦痛を与えながら相手を殺せるよう、考えられた処刑方法でした。

古代の残酷な刑罰や拷問について興味のある方は、以下の記事も是非ご覧ください。

復活しつつあるタイヤネックレス

markusspiske / Pixabay

タイヤネックレスというワード。聞き馴染みのない人が多いかと思いますが、一部の人の間では「検索してはいけない言葉」の一つとして、意外と知れ渡っています。

これがどのように非道な刑なのかを具体的に解説する前に、日本人にとって決して身近ではないこの処刑方法が、いかにして日本のネットユーザーの目に留まるようになったかを、ここで説明します。

非道な処刑方法「タイヤネックレス」

MichaelGaida / Pixabay

2011年に、フランスの通信社「AFP通信」が、このタイヤネックレスの刑について、日本語サイトで取り上げます。かつて、南アフリカという国を取り巻く、忌まわしい歴史の中で生まれたこの刑が、現在復活しつつあるという内容の記事です。

そして、掲示板サイト「2ちゃんねる」で、このことを話題としたスレッドが立ち、「むごすぎる」「野蛮すぎる」という反響と共に、日本人の知るところとなりました。

タイヤネックレスの画像が非人道的すぎる

geralt / Pixabay

そして、何よりも人々の心にショックを与えたのが、処刑方法の説明と共に出回った、画像です。そこにはこの刑を受ける直前の人間の姿や、今まさに炎に焼かれている人間の姿、そして、見るも無残な遺体の様子が写っていました。多くの人がその画像を見て、気分が悪くなったり、トラウマに近い恐怖を覚えたと言います。

タイヤネックレスは裁判フリー

succo / Pixabay

AFP通信が伝えたタイヤネックレスは、南アフリカ共和国で執行されたものでした。この他にも、この刑が行われた事例はいくつもありますが、いつの時代も、どの国においても、この非道な死刑は、国家が公式に執り行う刑罰となったことはありません。この刑は、誰の手で、どうして、どのような過程で行われるのかを、ここで解説していきます。

タイヤネックレスは非公式の私刑

3839153 / Pixabay

普通の法治国家であれば、刑罰というものは次のような過程を踏んで執り行われるものです。まず警察などが犯罪者を逮捕し、裁判が開かれ、裁判官が法律に則った刑罰を言い渡し、国の責任においてその刑罰が執行されます。

しかし、タイヤネックレスの刑が執り行われる過程は違います。もし、このような凄惨で人権を無視した刑罰が国家の責任で行われているとしたら、国際社会からの非難は避けられないでしょう。

この死刑は、国家ではなく、一般市民の手によって執り行われるのです。そして、そこには警察による逮捕や、公正な裁判や、法的な整合性などはありません。一般市民の手で捕らえられた罪人が、有無を言わさず、一般市民の感情に任せた刑罰を受けるというもの。つまり「私刑」なのです。

私刑と死刑の違いとは

NEXT 私刑と死刑の違いとは