シシバナヘビはかわいい!生態や特徴、飼育方法まとめ!値段やモルフも

シシバナヘビは反り返った鼻先が特徴的なヘビで、ペットとしても人気が出てきています。今回はシシバナヘビの値段や入手方法、飼い方やモルフなどをご紹介します。初心者でも飼育はできるかという疑問についてもまとめてありますのでぜひご覧ください。

この記事をかいた人

何か新しいことを始めようとこの世界へ! 動物の分野が得意ですが、様々な記事をシンプル且つ分かりやすく提供します。

シシバナヘビの生態や特徴

webandi / Pixabay

シシバナヘビというヘビをご存知でしょうか?名前の通りイノシシのように大きな鼻に、クリッとした目が特徴なヘビです。最近ではこの特徴的な顔がかわいいと人気も高く、ペットとして飼育している方も多いようです。そんなシシバナヘビが野生下ではどのような生活をしているのかをまず説明しましょう。

基本情報

シシバナヘビはマイマイヘビ科に分類されるヘビの一種です。シシバナヘビ属は現在3種類が確認されており、それぞれに微妙な違いがあります。メキシコ北部やカナダ南部、アメリカに分布しており、砂地の草原や半砂漠地帯で生活をしています。活動時間は夜明け前、夕暮れ時が最も活発であるとされています。

小型両生類を主食としており、主にヒキガエルを食するようです。体長は最大種であるセイブシシバナヘビで60センチ前後、最小種のナンブシシバナヘビで50センチ前後のようです。体は太く短いという点もシシバナヘビの特徴の一つです。体長はオスよりもメスの方が大きくなります。

反り返った鼻先が特徴

英名”Hognose snake”と名付けられています。「hognose」とは「ブタの鼻」を表しており、和名でも猪鼻蛇と名付けられていることから、この反り返った鼻が最大の特徴であるということが伝わってきますね。

この特徴的な鼻は吻端板といわれる鱗で、この鼻を使ってイノシシのように土を掘り返して獲物を探し出します。飼育下では自分のスペースを作るために、床材に鼻を擦り付ける姿を見ることができます。

死んだふりをする

シシバナヘビは敵に遭遇すると体を大きく見せたり、シャーっと音を出したりして威嚇をするのですが、自分よりも強い敵に出くわした場合には擬死行動(死んだふり)をして、相手が去っていくのを待ちます。

シシバナヘビの擬死行動は大きく口を開き、苦しそうな動きを見せるところから始まります。お腹を上に向けてぐるぐるととぐろを巻き、総排出腔から匂いを出すことで相手と戦うことを避けています。

シシバナヘビの種類

シシバナヘビは3種類に分けられ、それぞれに少しづつ違いがあります。分かりやすいものだと体の大きさが挙げられます。また交配によって体の色や、鱗の模様にも違いがあり、人気のあるものは高値で取引されているようです。ここでは3種類のシシバナヘビそれぞれの生態や特徴、ペットショップで販売されている価格もご紹介しましょう。

セイブシシバナヘビ

北米西部に分布しています。吻端板の反り上がりは最も大きな種類となります。主に小型両生類や小型哺乳類、動物の死骸などを食し、シシバナヘビ属の中では幅広い食性をもちます。最大種でもあり、体長38〜60、最大154センチの個体も確認されています。

ペットとしては食性の幅広さから最も飼いやすいと人気が高く、流通数も多い種類でもあります。価格は30,000〜60,000万円ほどで他種と比べても購入しやすいということも人気の一つでもあります。

ナンブシシバナヘビ

北米南部に分布しています。体長50センチ前後ほどで、最大でも61センチとシシバナヘビ属の中では最小種となります。吻端板の幅は狭く、反り上がりは大きい種類です。ワイルド個体の販売は稀で、ほとんどが繁殖個体の流通となります。販売価格は70,000円前後と高価なため普及数も少ないようです。

トウブシシバナヘビ

北米東部に分布しています。体長は30〜80センチほどで、最大137センチの個体が確認されています。シシバナヘビ属の中では中型種で、吻端板の幅は広く、反りあがらない種類だとされています。

ペットとしては流通がほとんどなく、販売価格も70,000円以上と高いため、普及数は最も少ない種類です。また、ヒキガエルを専食とし、他のエサに餌付くことは稀なので、飼育難易度も高いようです。

シシバナヘビのモルフ(品種)

NEXT シシバナヘビのモルフ(品種)