さっちゃんの怖い都市伝説は本当?4番以降の歌詞も?銀魂のさっちゃんも

童謡の「さっちゃん」きっと一度は歌を聞いたことがあると思います。しかし、さっちゃんと言えば都市伝説がつきものです。今回は「さっちゃん」に関する情報をまとめ、都市伝説の正体に迫ります。歌より有名なキャラクター、銀魂のさっちゃんも紹介します。

この記事をかいた人

何か新しいことを始めようとこの世界へ! 動物の分野が得意ですが、様々な記事をシンプル且つ分かりやすく提供します。

バナナが好きな童謡のさっちゃん

Alexas_Fotos / Pixabay

バナナが大好きであることはあまりにも有名ですが、半分でお腹いっぱいになるくらいまだ幼い年齢のようです。そんな小さな女の子「さちこ」をテーマとした馴染み深い童謡について解説します。

正式には「サッちゃん」

vietnikon99 / Pixabay

あまり知られてはいませんが、正式には「サッちゃん」という曲名です。作詞は阪田寛夫氏、作曲は大中恩氏。この曲は1959年に「うたのおばさん」という、NHKラジオ番組の10周年記念放送で新曲として発表されました。

サッちゃんの歌詞

mohamed_hassan / Pixabay

歌は3番まであり、歌詞は誰もが知っていると思います。簡単にまとめると「サチコという名前だが、自分のことをさっちゃんと呼ぶ」「バナナが好きだが、半分しか食べられない」「さっちゃんは遠くへ行ってしまうらしいので、ボクのことを忘れてしまうだろう」といった内容です。

どの歌詞もそうなのですが、さっちゃんのことを客観的な視点で歌ったもののようです。3番からはこの視点であろう人物が”ボク”として登場しています。どうやら、この3番の歌詞あたりから「怖い」とされる噂が広がったようです。

童謡のさっちゃんのモデル

Free-Photos / Pixabay

モデルとなった女の子は当時、作詞者の近所に住んでいた女の子だとされていましたが、後に違う「さっちゃん」がモデルであったことがわかりました。幼なじみの女の子が幼稚園を転園したときの思い出の曲だそうです。

タレントの阿川佐和子さん?

当初さっちゃんのモデルではないかと言われていたのが、タレントの阿川佐和子さんでした。というのも佐和子さんの父である阿川弘之氏と阪田寛夫氏は知り合いで、家も近かったことから曲のモデルだとされていましたが、「実は阿川は関係なかった」と本人から伝えられたようです。

「サッちゃん」だけじゃない!童謡にまつわる怖い話はこちらから。

さっちゃんの都市伝説①

rjasso / Pixabay

ここからはネット上での噂をご紹介します。童謡の背景には都市伝説とされるものが多く、サッちゃんについても、ネット上で取り上げられています。まずはオリジナルの1〜3番までの歌詞から見てみましょう。

さっちゃんの死を暗示した歌?

cocoparisienne / Pixabay

まず、最初に病気で死んだのではないかという噂があります。「バナナを半分しか食べられない」「遠くへいっちゃう」というフレーズから、バナナを食べきれないほどに衰弱しており、病気が原因で遠くへ逝った(死んでしまった)と噂され、これは病気によって死んでしまったことを暗示していると言われているようです。

さっちゃんの都市伝説②

NEXT さっちゃんの都市伝説②