ルーシーブラックマン事件の真相!多くの被害者を出した犯人織原城二の正体と闇

イギリス人女性のルーシーブラックマン殺害事件が話題となったのは、犯人が他にも多くの女性の強姦殺害を行った凶悪犯だったことも要因でした。日本とイギリスの間でもさらに大問題に発展しかねなかったショッキングな事件です。事件の真相と、狂気に満ちた凶悪犯の正体に迫ります。

この記事をかいた人

彼にはもう八十四日間も一匹の魚も釣れない日続いていた。 釣れない時は、魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。

ルーシーブラックマン殺害事件とは?

LUM3N / Pixabay

近年に起こったこの衝撃的な事件に関して聞き覚えのある方も少なくないかもしれません。当時このニュースでは、残忍な殺人事件として、世の中を震撼させました。実際、いつ頃に起こった事件で、どのような人が犠牲になったのかについて述べていきます。また、殺害後の状況はどのような状態で発見されたのかについて迫っていきます。

2000年に起こった強姦殺人事件

神奈川県の逗子市で起こった外国人女性が、強姦されて殺されてしまいました。事件発覚当時、連日ニュースで報道され、被害者が外国人ということもあり海外で騒がれて話題になった事件です。しかも、当時日本はとても安全な国として世界でも有名だったので、世の中の日本へのイメージを変える事件の一つとしてあげられた事件でもあります。

被害者はイギリス人女性ルーシーブラックマン

InspiredImages / Pixabay

後の項目でも彼女がどんな人だったのか詳しくご紹介しますが、英国出身の女性で六本木でホステスとして働いていました。

ところで、日本ではさまざまな凶悪な強姦殺人がありましたが、栗田源蔵という殺人鬼をご存知でしょうか。この男は、常軌を逸した犯行を繰り返した、サイコパスとしても有名です。こちらの記事で詳しい詳細がのっていますので、関心のある方はこちらもどうぞご覧ください。

遺体はバラバラの状態で発見された

Gaertringen / Pixabay

行方不明になってから、半年が経ち事件が進展しました。疑いのあった重要参考人としてあがっていた織原が住んでいた場所の近くの海岸のあたりで、バラバラの遺体として発見されることになりました。そして、事件はこれを起点に急速に進展していき、次々と凶行も世間に明るみになっていきました。

ルーシーブラックマン事件の流れ

ここでは、一連のこの痛ましい事件についての経緯についてご説明していきます。いつ被害者が行方不明になり、どのようにして捜査が本格的に始まったのかについて言及していきます。また、加害者の逮捕についての詳細についても述べていきます。そして、最終的にいつごろ遺体がが発見されることになったかについても解説していきます。

2000年7月1日に被害者が行方不明になる

Alexas_Fotos / Pixabay

行方不明になり最後の接触をもった知人は彼女の友人でした。接触とといっても7月1日に電話で友人に連絡をしたという形です。その後7月3日、ルーシーさんの電話に謎の男から連絡がかってきました。その電話を怪しいと感じた友人は、警察に捜索願を出しました。友人が不審に思ったのが事の発端になりました。

同年8月22日被害者妹が記者会見を開き捜査本格化

NEXT 同年8月22日被害者妹が記者会見を開き捜査本格化