イサザの踊り食い!生態やその他の料理についてご紹介!

琵琶湖固有種のイサザの旬

生息地が琵琶湖の北部であるイサザは、産卵期が4月から5月です。成魚は秋に漁獲されるため、旬は秋から冬とされています。シロウオであるイサザとは旬が違い、料理の仕方も食べ方も異なります。

イサザの踊り食い!生食好き必見!

イサザの踊り食い

イサザは鮮度がデリケートなため、生きたまま踊り食いをするのがオススメと言われています。春に川を上ってくるイサザを新鮮なまま、ポン酢や酢醤油、三杯酢につけて食べるのが主流となっています。口の中でピクピク動く食感とイカ刺しのような歯ごたえに、するっとした喉越し。そして、ほのかな苦味が特徴です。

イサザの踊り食いができる場所

イサザ漁は日本各地で行われており、その付近では踊り食いをウリにしている飲食店が多数あります。観光目的の人向けでは、割烹料理屋、寿司屋等で提供されています。京都府の舞鶴、宮津、京丹後や石川県などが有名な観光地となっています。地元の人はスーパーや魚屋で購入する他、祭や漁が行われている沿岸付近で直接楽しむこともあるようです。

イサザを使った料理をご紹介!

イサザの揚げ物

かき揚げや素揚げなど、油で揚げる食べ方です。生食するのと違い、川魚独特の臭みが消えます。サクサクの食感と、魚の旨味をしっかりと味わうことができます。ちなみに、踊り食いはされていない琵琶湖固有種のイサザも、素揚げがオススメの調理法とされています。

イサザの椀物

踊り食いに次ぐ人気の料理が、イサザの汁椀です。生きたまま熱湯に入れ、吸い物などにします。イサザは出汁をとると旨味が出るので、何杯も飲みたくなるくらい美味しいそうです。卵と一緒にするのが一般的で、つるっとした食感と、春の味を楽しむことができます。

イサザの卵料理

椀物にも卵を使っていますが、イサザとの相性が良く、卵料理が多いです。写真のようなイタリア料理もあります。他にもイサザを巻き込んだ卵焼き、卵とホウレン草の和え物、出汁にネギとイサザを入れ、卵でとじた親子丼のような食べ方などが挙げられます。

琵琶湖固有種イサザの甘露煮

甘露煮は琵琶湖固有種のイサザを使った料理として多くみられます。海老豆などと一緒に調理するのが琵琶湖周辺では主流となっています。シロウオは甘露煮にすることは稀のようです。他にも、どちらのイサザにも共通した調理法として佃煮などが挙げられます。

NEXT イサザの販売について!どこで買えるの?