クーラーボックスの使い方は?上手な使い方と使用後のお手入れについてご紹介!

上手な使い方⑤クーラーボックスの保冷力を持続させる方法

なるべく開け閉めしない

クーラーボックスの開け閉めの回数が多いと、内部の冷気が上昇しやすくせっかくの保冷効果が弱まってしまいます。クーラーボックスの中を整理し、どこに何が入っているのかを把握しておくことにより素早く開閉を行うことが出来ます。

置き場所を考える

当たり前ではありますが、直射日光に当たる場所や熱を持っている場所に置くことによってクーラーボックスの温度が上がってしまいます。屋外での使用が多いクーラーボックスは、日陰に置く、地面など熱を持っている場所に置かない、ということに注意しましょう。日陰がない場合はクーラーボックスにアルミシートを被せると良いですよ。

二重構造にする

これは保冷力をあげる裏ワザと言っていいかもしれません。ハードクーラーの中にソフトクーラーを入れて二重で保冷するという方法です。100均などでもソフトクーラーは気軽に購入することができますので、保冷力を強化したい方はこちらの方法を試してみてください!100均のクーラーボックスについてはこちらでも特集しています。ぜひご参考ください。またクーラーボックスの保冷力キープのコツをさらに詳しく知りたい人向けの記事もご紹介しておきます。

クーラーボックスの使用後の手入れ方法

使用後はなるべく時間を置かずにクーラーボックス内を洗いましょう。しっかり洗った後は、臭いやカビの発生を抑えるため十分に乾かしましょう。そして保管する前に今一度全体を拭いて汚れが残っていないか確認をして下さい。次回気持ちよく使いたいですもんね。

クーラーボックスのおすすめブランド

先程も記述したように、釣り具メーカーやアウトドアメーカーが販売しているクーラーボックスは大変機能性が高いです。形、素材、サイズが様々で用途に合ったクーラーボックスを購入してください。ここでは有名な3社をご紹介いたします。

①コールマン

コールマンはアメリカの総合アウトドアメーカーです。アウトドアメーカーなので、キャンプ時などに快適に過ごすことが出来る工夫がされています。サイズ展開のラインナップが豊富ですので初心者から上級者まで扱いやすいクーラーボックスが揃っています。

②シマノ

言わずと知れた釣り具や自転車用品でおなじみのシマノ。白を基調としたシンプルなものが多いです。真空断熱パネルを採用したものが多く、保冷力を求める方や本格的な釣りを楽しみたい方にお勧めします!

NEXT ③ダイワ