クーラーボックスの使い方は?上手な使い方と使用後のお手入れについてご紹介!

ソフトクーラー

100均などでも購入できるアルミとポリエチレンで出来たクーラーボックスです。安価であるのと、折り畳んで収納できるので場所を取らないのがメリットです。ですが、保冷力に劣りますので長時間の保冷には向いていません。運動会やピクニックなど、そんなに長い時間の保冷を必要としないシーンでの使用をおすすめします。

クーラーボックスの容量の目安

どれくらいのサイズのものが適しているのか悩むところだと思います。一般的に、4人家族が1泊2日で使用するなら50リットル、2人で1泊2日であれば30リットルくらいではないでしょうか。食材を現地で購入するのであれば荷物量も変わってきますので、あくまで目安として参考になさってください。

クーラーボックスの使用前の準備

クーラーボックスへ物を入れていくとき、保冷剤と一緒に入れて準備完了!という方が多いのではないでしょうか。実は、その行動間違っていたんです。それでは、正しい準備の仕方をご紹介いたします。

まずはクーラーボックスの掃除と確認

クーラーボックスを使用する機会がない方も多いのではないのでしょうか。久しぶりに使用する際には、壊れていないかを確認し、ボックス内をアルコールスプレーを吹き付けたり、濡れたタオルで拭いたりしましょう。食材を入れる方が多いと思いますので衛生面には気を配りましょう。

クーラーボックス本体の温度を下げる

前日から保冷剤等を入れてクーラーボックス内の温度を下げましょう。前もって冷やしておくことで使用当日の保冷可能時間が変わってきます。小さなサイズのクーラーボックスは、そのまま冷蔵庫に入れておいてもいいですね。

上手な使い方①クーラーボックスへの食材の入れ方

準備が終わったら、食材を入れていきます。肉などの生鮮食品は空気に触れると傷みやすいのでラップで包んだり、ビニール袋に入れて密封しましょう。冷凍可能なものは冷凍しておけば食材自体が保冷剤かわりになりますのでおススメです。飲料も事前に冷やしておくことで保冷時間が長くなりますので色々と工夫してみてください。

上手な使い方②クーラーボックスに必要な保冷剤の量

クーラーボックスの内容や、開け閉めの回数、外気温などによって保冷剤の数は変わってきます。保冷パックは値段もピンキリです。-16℃などと記載されている強力な保冷パックもあります。保冷材メーカーの数値はクーラーボックスを閉めている際の数値ですので、多めに保冷剤は入れましょう。こちらの記事では保冷剤の選ぶポイントやおすすめをご紹介しておりますので、ぜひ合わせてご確認くださいね。

上手な使い方③保冷剤代わりになるもの

保冷剤をお持ちでない方には代わりになるものがありますのでご安心を。一つ目は氷。ご自宅の氷でもいいですが、スーパーやコンビニで買えるロックアイスを使用してもいいかもしれません。二つ目は凍らせたペットボトル。冷凍ペットボトルはお手軽なのに保冷力も強力なのでおすすめです!

上手な使い方④食材と保冷剤等の効果的な入れ方

まずは、底に保冷剤や氷等を敷き詰めていきましょう。その後食材を入れましょう。食材を入れ終わったらその上に更に保冷剤や氷を置きましょう。つまりは食材を保冷剤でサンドするような形ですね。冷気は上から下に流れてくるので食材の上に保冷剤を置くと効果的に冷やすことが出来ます。

NEXT 上手な使い方⑤クーラーボックスの保冷力を持続させる方法