【富岡八幡宮事件の真相】なぜ事件は起こったのか?その後の現在は?

富岡八幡宮事件は2017年12月7日に東京都江東区の富岡八幡宮近郊と敷地内で起きた連続殺人事件で、官司が犯人という恐ろしい事件でした。この記事では富岡八幡宮事件を振り返り、犯行動機や現場となった神社について解説をしていきます。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

富岡八幡宮事件とは

日本の中心である東京。たくさんの高層ビルやおしゃれな街並みの数々など、まさに大都会大都市と呼べる地でありますが、実は大きな公園や自然なども多く見られ、また神社やお寺など日本の古き良き文化と共存しているのです。

この事件はそんな日本中心にある数多くの参拝者が訪れる、荘厳な神社で起きたもので、さらにはその被害者加害者が全てその神社に携わる人だという、極めて異例な事件として知られているのです。全貌の数々は驚かされるものばかりです。この記事ではそんな概要を一つ一つまとめていきます。

富岡八幡宮事件の概要

知れば知るほど恐ろしくなってくるこの出来事。まさに小説やサスペンスのようなそんなストーリーのあるこの事件の全貌を徐々に明かしていきますが、まずはこちらの見出しではその大きな概要を皆さんにお話ししていきます。

その概要だけでも「日本」や「神社」という大きな舞台のなかで起きた殺人事件だということが分かっていただけるのではないでしょうか?頭の中で状況をイメージしながら読んでいただけると、当時の状況や背景を思い浮かべることができるはずです。日本の茨城県で起きた母子殺人事件についてはこちらの記事をご覧ください。

2017年12月7日に日本刀で官司富岡長子が殺害

実はこの出来事は今から2年前に起きたのです。かなり最近の出来事だと驚かれたのではないでしょうか?また記憶に新しいのでご存知の方も多いはずです。今から2年前の12月に都内某所で殺人事件が起きました。当時は大きなニュースとなりました。

殺されたのは威厳のある神社の神主である富岡長子という女性の方でした。そして凶器に使われたのは寺や神社と同じように古くから文化として存在する、あの「日本刀」だったのです。その凶器を聞くとヤクザの仕業と連想してしまいがちですが、実はそうではないのです。

容疑者は前々任の宮司富岡茂永とその妻

容疑者として名前が挙がったのは、なんと親族でかつての神主である宮岡茂永とその妻だったのです。そして二人の関係は血の繋がったまごうことなき兄妹なのです。なぜそのように身内でしかも神社の関係者内でこのようなことが起きてしまったのでしょうか?

そしてなぜ妻までもが加担して犯行に及んだのでしょうか?ここまででも多くの謎が付きまとっています。そのいきさつや動機などについては後述にて記述させていただきます。是非最後までお付き合いください。

富岡茂永は富岡長子を殺害後に妻も殺害

こちらの見出しを見てかなり驚かれたのではないでしょうか?容疑者は実の姉である現神主を殺したのち、最愛の妻も殺めたのです。一体なぜなのか?どういった動機があったかなど。ますます気になる事でしょう。

神社という舞台の上で起きていることから、文面だけでも一見祟りの仕業かと思わせるように不可解なこの事件。皆さんもこの事件の真相を推理、予想しながら読んでみてください。果たして真相はどういったモノなのでしょう?

妻殺害後、手紙を残して自殺

実の姉、最愛の妻を殺める。その理由や動機なども到底我々には理解しがたいことでしょうが、更に不可解なことにその後犯人は自殺をしたのです。ここまでくると祟りや霊魂による災いのようにも思えてくるはずです。

そして遺書と呼べるか定かではない一つの手紙を残して、残虐な犯人はこの世を去ったのです。その手紙にはどういったことが書かれていたのでしょうか?かなり気になるその文面の内容については後程ご紹介していきます。

富岡八幡宮事件の犯人・富岡茂永の生い立ち

不可解な動機、最後に残された手紙の内容、この事件の大きな肝となる部分やその全貌について、かなり興味や関心が湧いてきたのではないでしょうか?まずは犯人がどういった人なのかその人の生い立ちをまとめていきます。

動機や理由について理解するためにも、犯人の人格や過去のことについて知ることは大きなヒントとなるはずです。こちらの見出しではそういった大きなヒントを皆さんに解説していきますので、その人物像を思い浮かべながら、読んでみてください。

学生時代は「ボンちゃん」と呼ばれる

NEXT 学生時代は「ボンちゃん」と呼ばれる