リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件の真相|市橋達也が残した爪痕

英国人英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさんが市橋達也に殺害された平成史に残る凶悪事件から12年。なぜリンゼイ・アン・ホーカーさんは市橋達也に殺されたのか?事件の真相に迫り、2年7か月に及ぶ逃亡の末に周りに残した爪痕を考えます。

この記事をかいた人

三度の飯よりオカルトが好き!ねこむらです。

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件とは

未だに記憶に残っている方も多く居るであろう「リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件」。10年以上の歳月が過ぎた今、メディアなどで取り沙汰される機会も減り事件は風化の一途を辿るのみです。

本稿では被害者であるリンゼイ・アン・ホーカーさんと市橋達也の事件前日の様子から当日までに起こった出来事を洗い出し、事件の背景である市橋達也の人となりも踏まえ、忘れてはならない歴史の記録として書き留めていきます。

平成史に残る凶悪事件

geralt / Pixabay

事件が発覚したのは2007年3月26日、千葉県市川市のマンションにおいて女性の遺体が見つかりました。この時に発見された遺体が後に「リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件」と呼ばれる事件の被害者、リンゼイさんの遺体であり、遺体が見つかったマンションは犯人 市橋達也の自宅でした。

前代未聞の逃走劇

この事件の最大の特徴は、犯人が初めから市橋達也だと分かっていたにも関わらず、犯人逮捕までに約2年7ヵ月もの歳月が経過したという点です。

警察の手を掻い潜った市橋達也は事件現場である千葉県から東京秋葉原へ、その後は埼玉、群馬、茨城の関東地方を放浪します。後に静岡県を訪れ、そこからは北上するように進み青森県で一週間ほど野宿生活を送っています。青森を逃走の拠点に考えていたものの、適当な職が見つからず、大阪へ拠点を移動。

Engin_Akyurt / Pixabay

しかし大阪でも職に付けず、岡山を経由し四国の三県を徒歩で放浪します。四国を放浪中、自身の指名手配書をいくつも目撃し、このままでは逃げ切れないと考えた末に沖縄の無人島を最終的なアジトとし2年以上に及ぶ逃亡生活を送りました。

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の概要

geralt / Pixabay

残忍な事件が起こった背景は、市橋達也からリンゼイさんへの他愛もない接触から起こったものでした。
事件当時報道が錯綜する中、市橋達也とリンゼイさんの関係性について様々な報道がなされました。

ストーカー説、恋人説、赤の他人説、などなど。未だに100%の真実は明かされていませんが、現在揃っている情報を基に事件の概要をまとめます。

駅で市橋達也に声をかけられる

事件が発覚する約1週間ほど前の3月21日、船橋市のJR西船橋駅で市橋達也はリンゼイさんに声をかけました。リンゼイさんはイギリスの大学を卒業後、英会話教師となるために2006年に来日。英会話学校「NOVA」で講師として勤務していました。

市橋がリンゼイさんに目を付けたのは東京メトロ東西線の行徳駅から西船橋駅に向かう電車の中でした。過去に外国人女性と付き合っていた事もある市橋にとって好みの対象であったのかもしれません。

stevepb / Pixabay

リンゼイさんをナンパした時刻は終電間近の深夜帯で、市橋は帰宅を急ぎ自転車を漕ぐリンゼイさんの後を自宅まで走って追いかけました。

英語の個人レッスンを行うことに

StockSnap / Pixabay

そのままリンゼイさんの自宅にたどり着くと市橋達也は「のどが渇いたので水を飲ませて欲しい」と彼女に頼みます。不審に思った彼女でしたが、自宅にはルームメイトの女性達が在宅中であった為、あまり警戒する事なく市橋を自宅へ上がらせました。

のどを潤した後もなかなか帰ろうとしない市橋にリンゼイさんは困り果てていましたが、市橋は場を和ませる為に即興で似顔絵を描き彼女にプレゼントし、英語の個人レッスンをして欲しいと頼み込みます。

その際に描いた似顔絵に市橋は自分の名前と連絡先を記入、更にリンゼイさんの連絡先を聞き出し、深夜1時頃に市橋はリンゼイさんの自宅を後にしました。

首を締めて殺害される

NEXT 首を締めて殺害される