新幹線殺傷事件|犯人小島一郎の生い立ちや動機、現在と被害者梅田さんの勇姿

友達や後輩思いの男性

rawpixel / Pixabay

そして彼は大学時代の研究時に苦学生だった留学生の人たちの為に、ゼミでの飲み会の代金を安くしてあげようと提案してくれるなど、自分以外の人の為に非常に回りに気を配ることのできる存在でもありました。

また、社会人となった後も、職場の中で年齢が尊重されて中々年下の人たちが評価されないことに対して、不満を持っていたようで、そういった人たちに対しても配慮をすることのできるようでした。

とにかく評判が良かった梅田さん

mohamed_hassan / Pixabay

このように今回の被害者である男性は子供の頃から、そして殺されてしまう現在まで誰からも慕われるような存在でした。正しい事を責任感を持っていうことのできる素晴らしい人物でした。30代後半というまだまだ未来の遺されている素晴らしい方が倒れてしまったというのは、あまりにも悲劇的です。

新幹線殺傷事件の犯人小島一郎の生い立ち

1866946 / Pixabay

ここまで今回の事件で殺されてしまった非常に勇敢な男性について見ていきましたが、では逆に一体どんな人生を歩んでいったのでしょうか。ここからはそれに至るまでがどうだったのかについて見ていきます。

中学時代にいじめられ不登校に

Anemone123 / Pixabay

彼の生い立ちは厳しいものでした。中学校時代に彼はいじめを受け、登校するという事を辞めてしまってしまいます。また、家庭内でも関係性は険悪なもので、世間一般でいうところの家族とは言えないような状態でした。

中古の水筒事件がきっかけで自立支援施設へ

congerdesign / Pixabay

そして犯人の異常性がより一層垣間見える事件として、過去に両親からもらった水筒が中古だったことに憤った彼はなんと両親の部屋に凶器を持ち込んで侵入し、そのまま父親に襲い掛かっています。

こういった事件を発端として両親との関係は完全に断絶されます。しかし、両親がそもそも犯人に対して会話をする事もなく、また一切の教育的な事に関しても行わないといった放棄に近いことを行っており、一概に犯人にすべての責任があるとは言えないでしょう。

祖母の家に引き取られ就職するも長続きせず

congerdesign / Pixabay

その後犯人は祖母の元へ引き取られ自立支援の為の施設へ行きながらなんとか高校を卒業しています。学校での成績自体は大変優秀だったようです。そして卒業後彼は電気関係の会社へ就職するものの、社内でのいじめが原因ですぐに会社を辞めてしまっています。

また、これ以外に犯人は幼い頃から精神的な障害を持っている可能性があり、その後事件を起こす少し前に自閉症であると診断されています。それが原因で専門の期間の病院に入院していた過去も持っています。

2017年12月に家を出て事件を起こした

stux / Pixabay

その後引き取った家族も彼を就職させようと様々な助けをしていましたが効果はなく、その後12月に突然旅に出るとだけ言い残し出ていき、これに繋がります。このように事件は様々な要因が重なって引き起こされました。しかしだからと言って今回の事を引き起こしていいわけがなく、事件に関しては引き起こした犯人に非があることは事実です。

新幹線殺傷事件の犯人小島一郎の犯行動機

ここまで厳しい家庭環境や障害に関して見ていきました。ではここからはこの事に関して、いったい犯人がどのようにしてこの凄惨極まりない行為を引き起こしたのかについて見ていきたいと思います。

NEXT むしゃくしゃしていて誰でも良かった