「正体表したね」はSyamuの名言!元ネタのゆかり騒動や他の名言も

信頼料といって1万円請求し説教される

stevepb / Pixabay

金銭の要求はまだまだあります。Syamuはなんとゆかりに信頼料と称して、1万円の振り込みを要求するのです。それは、活動資金を要求した後のことでした。Syamuがゆかりと再び連絡を取っているときに、1万円の要求を始めたのです。

流れとしては、この話題の前にゆかりの仕事の関係で、Syamuが暮らす大阪に出張で訪れる話が持ち上がります。そこで実際に合って遊ぶという話題になり予定を話していたのです。

Free-Photos / Pixabay

しかし、収入の乏しいSyamuは遊ぶお金の心配と同時にゆかりが本当に女性かどうかをまだ少し疑っていたようなのです。そこで信頼料として金銭を要求したのです。しかしもちろんゆかりはこれに応じませんでした。

ゆかりの方からもこの件には問いただされることとなり、お金を振り込むことはできない旨と信用してほしいということで話はまとまりました。

顔写真で見事ネカマを見破り「正体表したね」

Alexas_Fotos / Pixabay

金銭の要求などはあったものの大阪で合う予定を進めていく中で、事件が起こります。とある日に連絡を取り合っていた二人でしたが、突然Syamuは顔写真を見せてほしいと言い出したのです。

そこでゆかりも断ることなく、自分の写真と称して送りました。しかしその写真は実は本人のモノではなく、AKB48の伊豆田莉奈さんの写真だったのです。送られた瞬間は普通に会話していた二人ですが、Syamuは有ることをきっかけに気づき始めます。

377053 / Pixabay

そのきっかけがゆかりの弟の名前です。弟の名前は「ひで」とゆかりの口から出たのです。その瞬間、Syamuはその名前がネット界でも有名な男優の名前だと気づきました。もちろんネタで使われる機会の多い名前だとも知っていたSyamuはゆかりがネカマだと疑います。

送られてきた画像も良く調べればアイドルの写真です。これらの情報からゆかりが自分を騙そうとするネカマだと気づき、言及したところ最終的にネカマだと名推理を発揮し、この名言が生まれることとなります。

5ちゃん用語「ワッチョイ」に関する記事はこちら

Syamuのネカマ特定までの流れが称賛される

StockSnap / Pixabay

ゆかり騒動を自身で暴いた彼ですが、そんな強気の姿勢がネット界では称賛されているそうです。その称賛内容について紹介していきましょう。

「強キャラ」と称えられる

EliasSch / Pixabay

強キャラとは強くステータスが高く頭良い、粘り強いキャラクターのことを指して使います。そして、Syamuはこの騒動から「強キャラ」として称えられました。それは、すぐに手のひらを返して、ゆかりを信じることなく突き放した姿勢があったからです。

それまでのSyamuは、Twitterのやり取りから、完全にゆかりが自分のことをすきであると信じ切った態度で接していました。しかしゆかりの写真選択の失敗により、これまでの姿勢を一変させ即座に突き放します。これにより称えられるようになったのです。

「貝塚の名探偵」と呼ばれる

RyanMcGuire / Pixabay

強キャラと同時に貝塚の名探偵とも称賛されています。この名言が出るまでの経緯は先ほど紹介しましたが、その流れは一部の界隈では非常に反響を呼んだのです。ネカマを見破るまでの連絡の内容は称賛に値するものだったといわれています。

そのことから「貝塚の名探偵」や「頭脳は子供、体は大人」などと称賛されることになります。しかし、言葉からもわかる通り、けっして尊敬などの意味が込められているものなく、単にネタとして遊んでいるような意味が強いことが読み取れるでしょう。

Syamuってどんな人物なの?

ijmaki / Pixabay

一連の騒動で、一時ながらも話題を呼んで時の人となったSyamu。ネカマを見つける名推理を発揮したわけですが、いったいどのような人物なのでしょうか。その実態を調査していきましょう。

ネット上に数々の逸話や伝説を残した人物

rawpixel / Pixabay

ネット上で数々の逸話や伝説を残したことで、現在でもその伝説などで語り継がれていますが、そもそも彼は広島県出身の人物で1984年の3月4日生まれ、1994年に大阪の貝塚に引っ越し、その後同士で小中学校時代を過ごします。

その後コンピュータ関連の高校に通いますが、中退しライン工といった職に就きます。しかし、何度か職を転々とした後アトピー性皮膚炎の闘病生活を理由に無職になります。その後、病気は回復しますが、職を見つける気持ちはなく2010年に動画配信を始めます。

fancycrave1 / Pixabay

当時はニコニコ動画をまず始めたようで、次いでYoutubeで活動を始めたそうです。後に動画配信までの活動も発覚しライトノベルの執筆や作曲活動なども手掛けていたそうですが、どれも成功とはいえず動画配信作業を開始したといわれています。

配信当初は、現在のSyamuという名前ではなくシンや月神といった名前で活動をしていたようですが、本格的にYoutuberの中でも有名どころが台頭してくると、動画収入の影響を受けて自身も色々なジャンルの動画を作成し投稿を始めました。

MrRomanelli / Pixabay

しかし、あまりうまくいかず自身の動画投稿内容とは違う方面で、注目を浴びるようになり次第にからかわれる対象として有名になっていきます。そして、その対象はSyamu本人だけでなく、そのご両親にまで及んだそうです。

数々の伝説を残した彼ですが、活動中は幾度となく本人のところに送りものや押しかけなどがあったそうで、その波が家族のところにも及んだのです。こうした背景があり、2014年12月18日に、突如としてYoutubeのチャンネルを削除、引退しました。

felipeblasco / Pixabay

引退までの約4という間に彼は数々の伝説を残しています。どれも引退後も語り継がれるほどの衝撃的な物ばかりなので、詳しく見ていきましょう。

NEXT オフ会0人など多くの伝説を残している