ストローエビルアーで魚を釣ろう!画像と図で作り方を詳しく解説!

ストローエビでなぜ釣果につながるのか

このエビがなぜストローという材料でありながらも釣れるのかと疑問に持っている人も少なくないでしょう。その理由は、材料の軽量さと潮の流れとの関係にあります。というのも、軽量である目に潮の流れに非常に左右されて軽快なアクションを起こすのです。

それと同時に、エビの胴や尾の部分といった空洞に潮の流れが入り込むことで本物のエビ以上のエビらしいアクションをするという特徴を持っています。それにより優れた釣果を生み出しているという訳です。

自作メタルジグに関する記事はこちら

その他身近なもので作るルアー

身近なものでルアーを作ることができるの何もストローだけではありません。色々なアイテムでルアーを作ることが可能なのでその一部を紹介していきましょう。

エンピツミノー

Free-Photos / Pixabay

身近な物といえばエンピツでもルアーを作ることが可能です。長さを整えてとがっている方向をテール部分に見立てて作ります。色鉛筆などを使用すると、カラフルなルアーを作ることも可能ですしアレンジの幅も広いです。

スプーンルアー

cocoparisienne / Pixabay

食事に使うスプーンの柄部分を取り除いた残りを使って作るルアーです。両端部分に穴をあけて糸の固定やフック固定部分を作れば完成です。湾曲したスプーン部分が波の影響でゆらゆら揺れて意外な釣果を生み出してくれます。

ピスタチオジグヘッド

Alexas_Fotos / Pixabay

意外な食材もルアーの材料になりえます、とはいえ、このルアーに用いるのはピスタチオの殻の部分です。からの内部にガン玉を入れて重量を出し、フックをつけられる針金を内部に取り付けて作ります。小型ながらも、カラーリングにもアレンジを加えれば立派な仕掛けの完成です。

自作アシストフックに関する記事はこちら

ストローエビの釣りで広がる可能性

手軽ながらも非常に釣果の見込める手作りルアー。今回紹介したものはほんの一部ですが、加工もしやすいので工夫次第では、より釣り方やターゲットとなる魚種の幅も増やせます。ぜひ基本を押さえ、アレンジを加えてより楽しい釣りにしてください。

自作メタルジグに関する記事はこちら

自作アシストフックに関する記事はこちら