ナトロン湖とは?動物を石化させる湖、その原理や湖面が赤い理由など紹介

ナトロン湖はタンザニアにある強塩湖です。ナトロン湖はその水質から触れた動物を石化させることで死の湖の異名を持ちます。ナトロン湖についてその性質やなぜ動物が石化するのか、ナトロン湖を生息地とするフラミンゴや魚についてなどナトロン湖を徹底解説します。

この記事をかいた人

猫を3匹飼っているライターです✨ 愛猫共々頑張っています! スキーはセミプロ並みです!

ナトロン湖とは?動物たちを石化させる湖?

赤い色を放ち、そこだけ別世界の光景が広がり化石のような動物たちの姿が、見るものの心を奪う謎の湖、それが「ナトロン湖」です。季節によってその不思議で独特な色が浮き彫りになり、どこか異次元のような空間を感じ取るかもしれません。

その湖には隠された理由がいくつか挙げられるのですが、一体何でしょうか。そこに潜んでいる秘密について、謎に包まれた神秘的な湖に迫ってみましょう。

アフリカ・タンザニア連合共和国にある「ナトロン湖」

SmallmanA / Pixabay

怖さをも潜んでいるナトロン湖はどこにあるのでしょうか。その湖は、アフリカ・タンザニア連合共和国と、北側はケニア共和国の境に位置する、グレート・リフト・バレーと言う谷底の一帯にあります。

アフリカ大陸だけに、1年を通してみると乾季と雨季によってかなり湖の大きさに変動がありますが、最大でも60km未満、幅20kmほど、水底はと言うと3mにも満たない浅い湖なのです。2001年には湿地を保存し生態系を守ることが目的のラムサール条約に指定されています。乾季には特に湖底が赤く染まっていることからマグマのような見た目をしているのです。

ナトロン湖の水に浸かると石化してしまう?

ナトロン湖は、溶岩を思わせるように赤い色をしていますが、実際触れると溶けてしまうのでしょうか。それとも腐食してしまうのか、何か秘密が隠されていることは確かです。実はその秘密とは、動物が浸かると石化してしまうと噂されていることに繋がっています。

確かに、その姿は写真を見ても明らかなのかもしれません。どうしてそのような不思議な現象が起きてしまうのか、謎に包まれた実態は湖自体にあるのです。

炎の湖!ナトロン湖はなぜ赤いのか?その理由について紹介

Alexas_Fotos / Pixabay

動物が石化するという噂の実態が湖自体にあるとしたら、どこに隠されておるのでしょうか。様々な要素が含まれていることで不思議な湖の全貌について、噂は事実なのか確かめると意外な答えが見つかるでしょう。赤く染まった湖に映し出されるのは、幻想的な光景です。

別名は「炎の湖」!真っ赤な湖として有名なナトロン湖

Katzenfee50 / Pixabay

ナトロン湖はマグマのように赤く、別の呼び名で「炎の湖」または「死の湖」ともされ、有名になっています。触ったら溶けてしまうかもしれない、石化するかもしれないと感じてもそうならないのは、湖自体に潜む「原因」があるからです。

様々な目線から見てとっても別名があるほどですが、聞いただけで怖い印象を持つでしょう。噂だけの湖ではなく実際に存在しているのことは事実で隠されている驚くべき「原因」も明らかになることは間違いありません。

ナトロン湖に住む微生物の繁殖期に赤く染まる?

Prawny / Pixabay

ナトロン湖が赤いとされる、その隠された答えはどこにあるか紐解いてみましょう。「原因」とされる湖には、そこに住む微生物「スピルリナ」という「藻」の繁殖期に重なっているのです。

乾季になると訪れる現象が、藻の繁殖期と重なっていることが物語っていると言って良いでしょう。乾季になると異常に繁殖している藻ですが、雨季に比べて乾季はスピルリナの繁殖と重なりより一層赤みが増すのです。

動物が石化する?ナトロン湖に隠された秘密とは

Comfreak / Pixabay

ナトロン湖では藻の繁殖によって赤いことが分かりますが、では動物が石化すると噂されるのはなぜでしょうか。そこには「石化」というキーワードによって事実が曲げられているからです。赤く燃えるような色、そしてそのままの姿で不思議と固まっている動物は一体なぜか、魅力的ですら思えることは確かでしょう。

ナトロン湖の秘密①強塩湖

NEXT ナトロン湖の秘密①強塩湖