川俣軍司の現在や生い立ち!ドラマでも話題になった深川通り魔殺人事件

川俣軍司は白昼の商店街で無差別に人々を刺し殺した深川通り魔殺人事件の犯人です。この記事は川俣軍司の生い立ちや現在・俳優の大地康雄が演じた事件のドラマなどについてまとめました。また被害者・長野るみ子の祖父との因縁めいた物語についてもご紹介します。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

川俣軍司は深川通り魔殺人事件の犯人!

皆さんはこの人物の名前を聞いたことはありますか?名前だけを聞くとある有名人か、歴史的偉人なのかと先入観が働きそうなのですが、実はこの人物は昭和の凶悪な犯罪者です。彼は何の罪のない人間たちを次々と刃物で刺していき殺めていった通り魔事件の犯人なのです。

その凄惨な通り魔事件がどういったものであったかを皆さんに解説していきます。これほど悍ましい凶悪犯罪者をテレビで取り上げられ、それもドラマの登場人物のモチーフともなったのです。現在の規制が多いテレビ業界ではあまり想像がつかないものですが、そのドラマもどういった物であったか、また演者についてもご紹介します。

白昼の商店街!無差別に人々を刺殺

昭和の古き良き時代の暖かい街並みを感じさせてくれる商店街。現在でも日本には各地に存在しています。事件が起きてしまった当時は昭和56年6月17日。時刻は11時35分を指していました。初夏に季節という事もあり、太陽に日射がギラギラと降り注ぐお昼の時間帯真っ最中に凄惨な連続殺人及び通り魔事件が発生してしまうのです。

現場となったのは東京にあるとある商店街。犯行当時、犯人は不思議な姿をしていました。なんとこの事件発生時から下半身を何も隠さず露わにして犯行に及んだのです。この事件での被害者は死亡者4名、重症2名にも及びます。犯行後犯人は何時間も立て籠り、最終的には猿ぐつわやブリーフと言った珍な恰好を晒して警察によって逮捕されるのです。

川俣軍司が起こした深川通り魔殺人事件の概要

簡単にこの事件の詳細をまとめて記述していきましたが、ここからもう少し深く概要について解説していきます。犯人の動機や犯行当時の様子などを分かり易くまとめてお伝えしていきます。この事件についてあまりご存知のない方も、当時の状況を思い浮かべながら読んでみてください。昭和後期に起きた連続毒殺事件はこちらの記事です。

すし屋の面接に落ちたのがきっかけ

事件が発生した商店街近くの道路に備え付けられている、今はほとんど見る事が出来ない公衆電話の中で犯人は一本の電話をしていました。彼はこの時寿司職人であり、新たな職場として面接をしたお店から採用結果を聞いていたのです。その電話で彼が聞かされたのは不採用の言葉でした。

彼はその言葉を聞くや否や身勝手に逆上して、その怒りが通り魔を起こした大きな動機きっかけとなるのです。そして彼は予め職場で使う予定であった柳刃包丁をカバンからおもむろに取り出すと、悲劇が起きてしまう現場の商店街へと殺意を持って向かうのです。

最初に刺したのは親子連れ

最初の被害者となってしまったのは三人の親子でした。まず初めに一番幼い赤ちゃん車の上にいた僅か1歳の長男を突き刺しました、この時逆上してかなりの興奮状態であったため、その赤ちゃん車を長男もろとも吹っ飛ばしたそうです。そして次は目の前に悲痛な現実に物凄いショックを感じ、怯えながら逃げた母親です。

その母親を後ろから容赦なく突き刺したのです。そしてその後悪夢を見ているかの様な現実を目の前にして、ただそこで立ち尽くす長女を何度も突き刺して殺害したのです。この男には人を殺害することに何の躊躇いもないのです。文字通り血も涙もないそんな卑劣で残忍な犯罪者だという事がよく分かるはずです。

女性3人を次々と刺した

何の罪もない何も知らない親子3名を殺害すると今度は、その時の商店街に連なるお店に買い物に来ていた当時33歳の女性が、殺害された長女同様目の前の光景に驚愕して足がすくんでいたところを刺され殺害されてしまう。次は近くのバス停で降車したばかりの、71歳の老婆に突進する様に突き刺すので。

恐らくこの時この老婆は自分の身に何が起きているのか?それを理解する前にて一瞬で、犯人に刺されているのです。そしてもう既に5人の女性子供が刺されていますが、更に商店街の一角の店舗から、不意に出てきた39歳の女性客にターゲットにして、切り付けて重体にしてしまうのです。

女性を人質に捕って7時間が経過

事件開始から6人の被害者を切り付け、突き刺すという容赦ない犯行までおよそまだ5分も経っていなかったのです。この後犯人は近くにいた33歳の女性を刃物を使って脅し、人質を捕って中華料理店の中に入り、当時来店した客を脅して追い出すと、人質の女性を致命傷を負わせないように、背中を切り付けて怪我を負わせるのです。

そして緊迫した状況が続く中、既に警察が到着して立て籠る犯人を逆上させない様に交渉や取引に応じていました。この時強行突破を試みなかったのは勿論人質の命を守るためです。そして犯人の興奮も収まらず、一触即発の状況が続き約7時間が経過していました。

一瞬の隙を見て、川俣軍司を逮捕

NEXT 一瞬の隙を見て、川俣軍司を逮捕