スモールマウスバスとは?生態や生息地、ルアーでの釣り方やコツをご紹介

セオリーやパターン③超早巻きも有効

ミノーを使用した、ハイピッチな早巻きも有効なアクションです。、ハイピッチなキャストと高速でのリトリーブアクション(リールを巻く)を重ねれば、トップ周辺に潜むターゲットを見事に惹きつけてくれます。

スモールマウスバスの生息地

類まれなる環境への適応性で、今や日本全国にその生息域を伸ばすスモールマウスバス。代表的な生息地は下記の5つの湖や川です。生息地別にそれぞれ詳しく解説していきたいと思います。

生息地①檜原湖

福島県にある「檜原湖」は、1990年始め頃に初めてその生息が確認されました。以来スモールマウスバスのメッカとして、又トーナメントの開催地としても広く認知され、釣りの対象として正式に「認可」を受けた有名な生息地です。

生息地②野尻湖

長野県にある「野尻湖」もスモールマウスバスの生息地として有名な湖です。檜原湖と同様トーナメントも開催される湖としても認知されています。檜原湖同様、「釣り対象」の認可を正式に受けたスポットです。

生息地③奥多摩湖、多摩川

東京近郊の生息地といえば「奥多摩湖」が有名でしょうか。「多摩川の始まり」とも称されるだけあり、「多摩川」でもその生体が確認されています。しかし「釣りの対象」としての正式な認可は受けておりません。

生息地④入間川

埼玉を流れる荒川水系の「入間川」も生息が確認されているスポット。生息こそ確認はされてはいますが、こちらの河川も正式な「認可」は下りていません。

生息地⑤阿武隈川

東北地方の玄関口である福島県を流れる「阿武隈川」もスモールマウスバスが確認されているポイントです。しかし最近では、同じく東北地方の山形県を流れる最上川でもその生息が確認されています。いずれも正式な「認可」は下りておりません。

スモールマウスバスの釣れるシーズン

スモールマウスバスは「年間を通して」釣ることが可能な魚ですが、その生態はシーズン毎に異なるため、「そのシーズン」に合わせたタックルや仕掛けを準備する必要があります。

NEXT シーズン①春