バスジャック事件簿!有名な事件の紹介と乗客だった時の安全策も解説!

バスジャック事件は有名な西鉄バスジャック事件をはじめ、日本でも度々起きてきました。この記事はこれまで起きた日本のバスジャック事件の概要と、そこから生まれた対策法や学ぶべき自衛策について解説します。さらに外国の映画化されたバスジャック事件も紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

有名なバスジャック事件をまとめて紹介!

何らかの理由により、運行中バスを乗っ取ることを言います。犯行動機としては、心理状態異常、また精神的錯乱といったものがほとんどになります。また亡命目的など目的があってバスジャックを行うケースもあるようです。

しかし、日本を舞台に起きるものに関しては、精神的錯乱や心理状態の異常などの動機にし限られるそうです。亡命目的で事件が起きたことはこれまで一度もありません。

8385 / Pixabay

国内で起きた事件の数は主な物をカウントすると、1977年の長崎で起きた事件以来十数件ほど起きており、どれも国内のニュースで報道され、衝撃を与えました。その結果、事件発生に対しての対策も綿密に建てられるようになったといわれています。

そんな国内における事件ですが、今回の記事では誰もが聴いたことがる最近起きた有名な物から過去合ったものまで、主な事件を紹介していきます。過去事例や講じられている対策を踏まえ、万が一巻き込まれた場合も対策できるように心構えを持っておきましょう。

日本で起きたバズジャック事件①

nextvoyage / Pixabay

最近起きた大きな事件として最も注目を集めたのがこの事件です。2011年の11月16日に起きた事件であり、当時ナイフを持った男がジャックしたのですが、運転手の起点によりけが人や死傷者はおらず、乗客全員無事という奇跡的な収束を見せました。

2011年「千葉中央バスジャック事件」

TheDigitalArtist / Pixabay

詳しく犯行当時の出来事についてみていきましょう。2011年の11月16日、午前9時40分ごろろに事件は発生します。千葉県千葉市中央区2丁目で起きた事件で、ナイフ所持の男性の存在について通報が入り発覚となります。

千葉中央バスがジャックに合い、運転手と女性乗客を人質に取られました。しかし、事件自体は運転手が機転を利かせたことで、事件発生から40分後に千葉県警により犯人の身柄が確保され逮捕となります。

Free-Photos / Pixabay

その後調べによって発覚した犯人の名前は荘司容疑者。車内で女性客を脅しマスコミを呼ぶように要求し、運転手と女性客刃物を突き立てた女性以外はバスから降ろすように事は運んだそうです。

バスに乗った犯人は最後尾の席へと着席後、最後列から2番目の列に座る女性が人質の対象となりました。運転手は果物ナイフのような刃物を持った男性が立てこもっている旨を営業所に連絡していたと言います。

cocoparisienne / Pixabay

この連絡が早期解決につながったと調べではわかっているようです。周辺が繁華街だったことも関係して、一帯道路の封鎖、および警官隊がバスを取り囲んで様子を見守り、大勢の通行人がそれを見守る様子が取り上げられていました。

マスコミを呼ぶように要求をした犯人に対して、これに応じる警察は記者の姿に扮した警察官だったようで、その警察官により説得が執り行われて犯人が投稿し逮捕と至りました。逮捕後犯行動機も判明しており、動機はかつて刑務官からの濡れ衣を着せられたことにあったそうです。

pixel2013 / Pixabay

かつて荘司容疑者は服役していたことがあり、そこで刑務官から身に覚えのない罪を着せられたことがったそうです。これに荘司容疑者も被害届を出したそうですが、その届は受理されることなく、せんじゅつした 封筒にはそれらの書類が入っていたそうです。

日本で起きたバスジャック事件②

geralt / Pixabay

日本で起きた事件には先述したような被害者が一人も出ていないタイプのものがいくつかあります。この事件もそのうちの一つで、運転手の機転や、そもそも犯人が犯行時に人質をとることを望んでいないケースで被害者が少ないパターンがあるようです。

2011年「遠州鉄道路線バスジャック事件」

Free-Photos / Pixabay

この事件が起きたのは2011年3月2日、浜松駅バスターミナルにおいて発生しました。犯人は犯行時点で乗客を解放し、運転手に細江営業所へ行けと要求し、犯行に及んだといわれています。

当時日お自治となったのは、運転手とジャック時に落とすことができなかった障がい者であった乗客1人のみだったそうです。また、その乗客も途中駅で解放され、怪我人などは一人も出ずに済んだといわれています。

stevepb / Pixabay

その後、さらに進んだ先の駅でパトカーが包囲、その後犯人逮捕につながります。逮捕後の調べによると、犯行動機は刑務所に入りたかったとの犯人の供述により判明しています。

この事件での怪我人はいなかったことは幸いですが、自身の刑務所に入りたいということだけで人質を取ったことも踏まえて、銃刀法違反と監禁容疑の罪で逮捕されました。

日本で起きたバスジャック事件③

NEXT 日本で起きたバスジャック事件③