バスジャック事件簿!有名な事件の紹介と乗客だった時の安全策も解説!

日本で起きたバスジャック事件③

Free-Photos / Pixabay

高速バスが対象となったケースもあります。また、犯人が非常に若くまだ少年にもかかわらずこのような犯行に及んだことによって、当時は大きな衝撃と共に注目を集めました。

2008年「愛知バスジャック事件」

事件発生は2008年7月16日のことです。事件が発生したバスは東名ハイウェイバスであり、運転手によりナイフ所持と立てこもり事件の通報が入り事件発覚となりました。

当時バスは、名古屋駅を正午に出発しその後東京駅に到着する予定でした。乗客は運転手のほかに10人ほど乗せており、その乗客たちを乗せたままの事件発生となったそうです。しかし、事件発生から約1時間後の1時56分ごろ、監禁と銃刀法違反の罪で犯人は現行犯逮捕となっています。

stevepb / Pixabay

どうやら、犯人は当時中学生で14歳の男性。運転手と警察の誘導により高速美合パーキングエリアに入ったのち、警察の説得によって逮捕に至ったようです。

犯行当時、パーキングエリアでは一度運転手に刃物を突き付けるようなシーンがあったそうですが、警察の説得に応じて人質は解放され、それと同時に犯人の身柄を確保に呼んだそうです。

iAmMrRob / Pixabay

犯行動機は、その後の犯人の供述により明らかになっており、嫌にお怒られたことに足して嫌がらせで行ったといっています。また、その後の調べによると、交際を望んでいた女生徒に振られたことも大きく関係し、家出最中だったそうです。

7月11日には教師の家庭訪問が行われており、現金10万円の貸し付けが友人との間でやり取りがあったことを親に知られたことも関与しているようです。どうやら、交際を望んでいる女生徒があまりにもしつこい犯人に対して、あきらめさせるために放ったことが原因のようです。

TheDigitalArtist / Pixabay

しかし真に受けた犯人は友達に現金を貸してくれと要求し、そのことが教師の耳に入り両親に報告されたということです。犯人によると、親がそのことを知ると暴言を吐いてきて、それにより不満が爆発し家出と行動を起こしたようです。

日本で起きたバスジャック事件④

Free-Photos / Pixabay

記憶に新しい事件といえば、こちらも紹介しておきましょう。当時駅構内で同時に起こった万引き事件とも関係しており、詳しい事件の時系列を紹介していきましょう。

2007年「横浜市営バスジャック事件」

3839153 / Pixabay

この事件は2007年の4月3日のことでした。当時駅構内ではこのジャック事件以前に万引きが起こっていました。犯人は駅構内のドラッグストアにて万引きをしようとしていたらしく、その発見から逃れるように逃げていたと言います。

警察の手から逃げようとした犯人は、上大岡駅に到着後の横浜市営バスをジャックして逃亡しようとしたのです。しかし、こちらの犯行はどうやら未遂に終わったそうなので、死傷者はいません。

geralt / Pixabay

また、人質を取られたといった事はなかったそうなので監禁罪などにも犯人は問われることはなかったといわれています。

日本で起きたバスジャック事件⑤

Free-Photos / Pixabay

同じ年に2件の事件が起きていることを覚えているのでしょうか。実は記憶に新しい事件と思う人もいますが、この年には2件起きるという稀なとしでもありました。そんな事件の一見目について注目していきましょう。

2004年「秋田駅前行秋田中央交通バスジャック事件」

Jan-Mallander / Pixabay

事件発生は2004年の4月。上記事件とは大きく異なっており、この事件は怪我人も出ており動機も意味不明なな証言からはっきりしたことはわかっていないそうです。

当時秋田市内を走行中、信号待ちのために停車した際に起こりました。車内後部座席ですでに乗客に扮していた21歳の男性が、通路を進み突然中央付近のシートに座っている73歳男性の頭を切りつけたのです。

この時犯人は無言で犯行に及んでおり、その他にも乗客はいたので、その別の乗客がうんて種に向かって刃物を振り回している人物がいることを伝え事件が発覚しました。犯人はその後、ゆっくりとバスから出て刃物を捨てたそうです。

そのタイミングで乗客の一部と運転手で犯人を取り押さえ、駆け付けた警察官に引き渡し逮捕となりました。被害者男性は軽傷で済み命に別状はなかったとのことです。

NEXT 日本で起きたバスジャック事件⑥