座間9遺体事件は死体遺棄から発覚した連続殺人事件!白石隆浩の生い立ちや動機も

ある行方不明女性の捜索から発覚した、座間9遺体事件。自殺希望者の女性をターゲットに「共に自殺しよう」と誘い出し、一方的に殺害していました。標的を探す為に、SNSを利用した事でも世間で話題となりました。座間9遺体事件の詳細と、犯人の正体を見ていきましょう。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

座間9遺体事件はSNSによって起こった連続殺人事件

Mediamodifier / Pixabay

平成29年の8月から10月にかけて起こった猟奇的連続殺人事件。犯人は今や世界中の人々が日常的に愛用しているSNS、Twitterを通して何人かの女性とコンタクトして自宅に連れ込み、性的暴行、殺人、死体放置、遺体を切り分ける解体、などの犯行を僅か2か月の間に何度も繰り返していたのです。この事件は世界的にもセンセーショナルを集めました。

そして数々の猟奇的な犯行は全て犯人が住む集合住宅の一室で行われたのです。彼は果たしてどのようにして被害者たちをその部屋におびき寄せたのでしょうか?彼が行った手引きは非常に汚く卑劣なものだったのです。皆さんに今回の犯罪者の生い立ちやこの事件の全貌を余すことなくご紹介していきます。ではこれから実際に詳細を見ていきましょう。

座間9遺体事件は男女9人が亡くなった連続殺人事件

まずは今回の事件で犠牲者となり猟奇的に殺された方の詳細や、何人もの人間が殺されてしまったかを皆さんにご紹介していきます。狙われた被害者たちには同じくらいの年ごろであったり、同じ大きな悩みを抱えていたという共通点があったのです。はたして被害者たちに共通するある大きな悩みとは一体何なのでしょうか?また彼らの年代はどのくらいのものなのでしょうか?

これから皆さんには事件の大まかな全貌を把握していただきます。その後でこの事件を時系列ごとにどんな事象が起きてどんな犯行が行われていったのか、詳細な情報を皆さんにお伝えしていきます。僅か2年前に起きた事件で記憶に新しいですが、間違いなく歴史に残る異様な猟奇的事件として語り継がれる事になるでしょう。

座間9遺体事件の被害者は女性8名、男性1名の9名

この事件で被害者となってしまったのは男性1名女性8名の計9人もの方で、全ての方が10代~20代の若者でした。そして1人の猟奇的殺人鬼の卑劣な手口や非人道的な犯行によって亡くなってしまったのです。それらの遺体は全て神奈川県座間市という市街にある、1つの集合住宅の1室で無残な形で発見されたのです。女性は皆性的暴行も加えられて殺害されています。

そして1人の男性は1人目の犠牲者となってしまった女性の知人だったのです。その男性は猟奇的殺人鬼の自宅に踏み入れて女性の行方を伺ってしまったのです。そして犯人は殺人の露呈を恐れ、男性をも何の躊躇いもなく殺したのです。その後も何人もの女性が被害者となってしまい、次々と殺され更には非人道的な行為によって身体を分解されてしまうのです。

座間9遺体事件は自殺希望者の女性が標的だった

peter_pyw / Pixabay

猟奇的殺人鬼がターゲットにしたのは女性だったのは皆さんももう理解して頂いているはずですが、女性の中でもある同じ心の悩みを抱えた人たちをターゲットにしたのです。その心の悩みとは人それぞれでしたが、皆がその心の悩み故にひとえに心中を考えていたのです。つまり犯人は心中願望がある女性を一貫してターゲットとしているのです。

そして犯人はFacebook、Instagramに並ぶ世界最大級のソーシャルネットワーキングシステム(SNS)の一つTwitter内で、自らも心中を考えている人に装い、自殺行為に関連する知識や情報を発信して被害者たちをおびき寄せ、言葉巧みに自宅に連れ込んで殺害やそのほかの卑劣な犯行に及んだのです。SNSを利用した殺人という事でも世界的に関心を集めているのです。

座間9遺体事件発覚は行方不明となった23歳の女性の捜索

警察は東京都八王子市に住んでいた23歳の女性が行方不明となったと通報を受けて捜索を開始しました。この女性が失踪して捜索が開始されたことが結果的に非人道的な事件が発覚されるきっかけとなったのです。捜索が開始され早期の段階では、同時期に近くのエリアで同じように相次いで女性が失踪していた事が県警間の情報により判明していました。

そしてそれらの失踪した女性たちと結びついていると考え、心に悩みを抱えた少女たちが集って皆で心中するという集団自殺の線で捜索が開始され、人の目に留まる事の少ない森や山などの自然が多い環境を関東圏の3件の警察機関が協力して捜索したのです。最終的には監視カメラや囮の方法で犯人や、現場となった一室まで行きつき逮捕する事ができたのです。

座間9遺体事件の流れを時系列順で解説①被害者殺害まで

何人の人間が犠牲者となってしまったのか?どんな人物が狙われて殺害されてしまったのか?など大まかな事件の概要について知っていただけたはずです。もちろん既にこの事件の事をご存知の方も多くいらっしゃるはずです。犯人は僅か2か月間の間に多くの人間を卑劣な手口でおびき寄せ、非人道的な犯行の数々に及びました。

ここからはもう少し詳しく当時の状況や犯行方法を知っていただくためにも、当時の状況や行動などを時系列に追って順に解説していきます。犯人と被害者はいつ頃からコンタクトがあったのか?またどういった経緯で犯行に及んだのか?など当時の状況を思い浮かべながら読んでみてください。この事件の残虐さをより知っていただけるはずです。

2017年3月頃から自殺志願者女性とTwitterで交流開始

kaboompics / Pixabay

事件が発生した同年の3月頃、猟奇的殺人鬼は犯行計画の第一段階となる犠牲者となる人物、女性を探していてました。どこで探していたとおもいますか?なんとあの世界的に利用され最大級のSNSの一つであるTwitter内で探していたのです。皆さんもご存知でしょうがSNSは見ず知らずの人遠く離れた人とも気軽に交流ができるサービスの一つなのです。

そんなサービスを利用して犯人は心中を考えている女性をターゲットに絞り、自身も心中関連や志願者を装うアカウントを作成、そして興味を引き付けるワードや情報を呟き、また自らそのような女性アカウントにリプライ、DMを積極的に送るなどしてコンタクトを試みていたのです。そしてこの頃から被害者たちと交流が行われていたのです。

8月22日現場アパート入居と同時に第1被害者女性殺害

NEXT 8月22日現場アパート入居と同時に第1被害者女性殺害