エリサ・ラム事件とは?奇妙な行動の末怪死した事件の謎と真相を考察

エリサ・ラム事件とはロサンゼルスで起こった、いまだに多くの謎がウワサされる失踪死亡事件。その不可解なエリサ・ラム事件の内容と、中でも見方によっては恐怖すら感じる監視カメラの映像について詳しく紹介します。あなたにはこの謎が解けるでしょうか?

この記事をかいた人

一姫二太郎の子持ち。保育園の半強制キャンプに毎年参加し、キャンプの面白さに目覚める。

エリサラムとは?不可解な状況で死亡した女性

katyveldhorst / Pixabay

エリサ・ラムは、両親が香港からの移民であり、カナダで産まれました。事件当時の彼女は21歳で、バンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学の学生でした。一人旅で訪れたロサンゼルスのホテルにて、不可解な状況で遺体として発見されることとなります。

エリサ・ラムの不可解な事件

彼女は旅の途中のロサンゼルスにて、とあるホテルに宿泊しますが、そこで連絡が取れなくなります。心配した両親から失踪届けが出されますが、捜索の末ホテルの貯水タンクから遺体となって発見されました。

この事件は犯人も上がらず、不慮の事故として片付けられました。しかしあまりにも不可解な点が多く、さまざまな憶測を呼ぶこととなります。

監視カメラの動画が謎を呼ぶ

staffordgreen0 / Pixabay

ロサンゼルス市警はエリサの捜索に、ホテルエレベーター内から撮影された監視カメラ映像を公開しました。その映像に彼女の奇妙な行動が記録されていました。そのため映像を見た多くの視聴者が不可解さを感じ、事件への興味を持つこととなりました。

エリサ・ラムの不可解な行動を動画で見てみよう

それでは実際の動画を見てみましょう。映像に出てくる赤い服を着た女性こそがエリサ・ラム氏です。霊やポルターガイストが映っている訳ではありませんかが、ホラー映画を見ているような不気味を感じさせます。

人間がする理解不能な動きほど怖いものはありません。しかもこの映像の後、彼女は死亡しているということも相まって怖さが増しています。こういった類いが苦手な方は見ないがいいかもしれません。

不可解な点①幾つものボタンを押すエリサ

kaisender / Pixabay

彼女はエレベーターに入るなりなぜか複数のボタンを押します。この動作自体が子供のイタズラのようで、21歳の女性が取る行動としては不自然です。そしていったん閉まりかけたドアを何かのボタンを押して開けたように見えます。

不可解な点②危険を感じているような動き

aieed / Pixabay

映像の中でエリサは何回も外の様子をうかがったり、エレベーター内側に身を隠すような動作をしています。まるで誰かが来るのを隠れて待っているような仕草、または何かに追われ逃げようとしているようにも見てとれます。

ちなみにホテル従業員はエリサが終始単独行動をしていたと語っており、彼女が誰かと行動しているところは目撃されていません。

不可解な点③謎のジェスチャー

Free-Photos / Pixabay

彼女はしばらくするとエレベーターの外に出て誰かと話すようなそぶりをします。手話のような不思議な手の動きに見えまし、誰かにジェスチャーをしているように見えます。この動作もかなり謎です。

エリサ・ラムの事件を時系列でチェック

qimono / Pixabay

エレベーターでの不可解な映像がかなりインパクトのあるこの事件。死因についても謎が多く残っています。彼女が失踪し、遺体となって発見されるまでの経過を、時系列を追って詳しくチェックして行きましょう。

エリサ・ラムがこのホテルに来るまで

NEXT エリサ・ラムがこのホテルに来るまで