徳を積むとは?意味は?人生をプラスに導くため生き方や効果をご紹介!

「徳を積む」という言葉は、ネットでも日常生活でも頻繁に耳にします。徳を積むとは、善行を重ねることを言います。善い行いは巡り巡って自身に善い結果をもたらすと言われています。今回は徳を積む本当の意味と、効果について見ていきましょう。

この記事をかいた人

都市伝説やオカルト・怪奇現象など、不思議なことが大好きです!

徳を積むとは?意味は?

出典:PhotoAC

『徳』という字には、「立派な行い・優れた品性」「優れた人格者」「恩恵・恵み・神仏などの加護」「富・財産・儲け」といった意味があります。徳を『積む』という言葉になると、『立派な行いを継続する』となり、限定的な意味合いになります。

善行を重ねること

出典:PhotoAC

仏教の教えによる徳を積む方法は、「毎日、自分の幸せのために善行を重ねること」です。徳を積むことによって、時々行ってしまう不徳を許してもらうこともできます。神道の教えによる徳を積む方法は、「人や世の中のために善い行いをすること」とされています。

仏教の教えの1つ

TheDigitalArtist / Pixabay

仏教には、「生前に立派な行いを継続させて徳(功徳)を積むと、次の輪廻では良い境遇に生まれ変わる。しかし、悪い行いを継続させて業(悪業)を積むと、苦しい境遇に生まれ変わる。」という、因果論や輪廻転生の考えに基づいた教えがあります。この教えの中に「徳を積む」という考え方があります。

現代では「運がいい」という意味でも使われる

出典:PhotoAC

現代では、ゲーム用語の1つとしても使われるようになりました。確立によってキャラクターを引き当てるシステムで、自分の希望するキャラクターを引き当てるために、善行を重ねて日常を過ごす場合に使われます。また、「徳を積んでいるから引けた」など、確立論を覆すような運の違いを表現する場合に使われています。

徳を積むことで人生がプラスになっていく?

出典:PhotoAC

徳は積む(貯める)ことができます。そして、徳は『良いこと』に変化して自分の元へ戻ってきます。徳が変化する種類には、お金などの「財」だけではなく、「人間関係」「勉強や仕事」「健康」「運」など、様々な種類があります。

徳を積むと魂のレベルが上がる?

出典:PhotoAC

精神世界では、「魂にはレベルがあり成長していくもの」「魂のレベルは魂の波動と連動して上がる」という説があります。その中でも様々な見解があり、「魂の波動を上げる方法に徳や善悪は関係ない」とする考え方や、「徳を積んで徳の量が多くなると、魂の波動も上がる」とする考え方などがあります。

徳を積むことで金運アップや人間関係改善ができる?

RyanMcGuire / Pixabay

徳が「宝くじの大金」として戻ったきた人の9割が破産してしまう理由は、戻ってきた以上の徳を積まなかったために徳切れになってしまい、徳が戻ってこなくなってしまったためです。自分の意思で『良いこと』の種類や使う時期を選ぶことはできないので、戻ってきて無くなってしまう量と、積む(貯める)量のバランスが重要になります。

徳の量は雰囲気に現れます。徳の量が多い人は、周囲の人を安心させる様な安定感のある雰囲気を持っています。静かで穏やかですがエネルギッシュです。徳の多い人の話声には、自然とみんなが耳を傾けます。騒がしい所の遠い席でも、穏やかな声が聞こえてくるのです。徳が戻ってくる影響だけではなく、人柄も人間関係には効果を発揮します。

自然と人生がプラス方向へと進む?

NEXT 自然と人生がプラス方向へと進む?