【東電OL殺人事件】概要と冤罪の人物の現在、真犯人の考察と陰謀説も解説!

東電OL殺人事件は東電のエリートOLが殺された事件であり、冤罪により真犯人が未だ捕まっていない事件です。被害者が売春婦として働いていたことも話題となりました。東電OL殺害事件の概要と冤罪の裁判の内容、真犯人の考察まで徹底解説します。

この記事をかいた人

テニス・旅行が趣味です。 共感できる内容や魅力のある記事を紹介したいと思います。

東電OL殺人事件とは?

マスコミからの注目度が高かったことから、世間でも話題となった事件になります。その理由は被害者が昼間は企業の管理職社員として働きながらも、仕事後の夜には終電近くまで売春をしていたことです。犯人として1人の外国人男性が無期懲役の有罪判決を受けています。

東電OL殺人事件の概要

有名な大学を優秀な成績で卒業し東京電力に就職した女性で配属されていた部署は男性の割合が圧倒的に多い部署でその中にいたことでかなり優秀な人材であったことは明らかです。昼と夜では別人の顔を持つ女性だと当時大きく取り上げられた事件について紹介していきます。

他1985年に起きた未解決事件に興味がある方はこちらを御覧ください。

1997年3月東電OL殺人事件発生

大手企業に勤めており将来の幹部候補と言われていた1人の女性社員が古いアパートの1室で変わり果てた姿で発見された事件で当時大きな話題となりました。しかし、捜査が進んで行くにつれ昼間はエリート社員で夜は売春行為を行うという2つの顔を持つ女性だということが分かります。

昼と夜とで全く違う2つ女性演じているとニュースはもとより週刊誌などでも大きく取り上げられることになりましたが、被害者や被害者遺族のプライバシーにかかわることから賛否両論となっており大きな議論が展開されています。

殺害から10日後にアパートの空室で遺体発見

死後10日ほどたっている状態で円山町のアパートで空室となっていた部屋で遺体は発見されました。第一発見者はネパールから出稼ぎに来ていた男性で、アパートのオーナーが経営している店の店長でした。3月8日の深夜から翌日9日の明け方にかけて殺害されたとされており、死因は窒息死となっています。

東電OL殺人事件の遺体の第一発見者、ゴビンダ氏の逮捕

事件が発覚した3月から約2か月ほど経過した5月20日に警察によって逮捕されたのは、現場となったアパートの隣のアパートに3人の外国人と一緒に住んでいた内の1人であり、第一発見者の外国人の男性であるゴビンダ氏でした。ゴビンダ氏は取り調べの段階から犯行を自供することなく無罪をずっと主張しています。

東電OL殺人事件の裁判の行方は

mohamed_hassan / Pixabay

ゴビンダ氏は逮捕後の取り調べでも裁判でも常に無罪を主張していましたが、裁判の判決はどうなったのでしょうか?裁判の様子と行方、最終的な判決に至るまでを詳しく紐解いていきます。

東電OL殺人事件の裁判①再審に次ぐ再審の末、2012年に無罪判決

AJEL / Pixabay

一審の判決で無罪判決を受けたものの検察側の控訴により控訴審では逆転有罪となりました。その後再審請求請求が通り再審が開始され被告人に最終的な判決として無罪が決定したのは2012年のことでした。なぜ、こんなにも判決までに時間がかかったのでしょうか。最終判決までの裁判の内容を紹介していきます。

東電OL殺人事件の裁判②第一審・無罪判決

NEXT 東電OL殺人事件の裁判②第一審・無罪判決