クレメンスの意味や元ネタ・使い方!なんJが派生させたネットスラング

元ネタとなったロジャー・クレメンスとは?

クレメ ンスを知っていても元ネタの野球選手までは知らないという方も多いのではないでしょうか。ロジャークレメンス選手はアメリカのメジャーリーグで、1983年にレッドソックスに入団してから、2006年までメジャーで活躍した選手です。

ピッチャーとして結構昔に活躍した選手ではありますが、数々の伝説を残していることをご存じでしょうか。

「サイ・ヤング賞」を7回も受賞した!

実はロジャークレメンス選手はレジェンド級の選手なんです。「サイ・ヤング賞」という賞は、1年に1回、メジャーリーグの中で1番活躍した選手が選ばれるものです。

クレメンス選手はこれを7回も受賞しています。レジェンド級の選手だからこそ、現代の野球ファンの人達も当然知っており、愛されてネタとして使ってしまうのも頷けます。

ビーンボールを投げるなど素行の良くない選手

メジャーリーグ界では伝説の選手ではありますが、数々の悪行も行っています。気が短く、気性が荒い性格であり、打者の頭を狙って投げる「ビーンボール」を多用していました。

さらに、薬物疑惑、不倫疑惑もあった選手でしたが、非常に人気な選手であることは間違いありません。

クレメンスと同時期に流行したネットスラング

クレメ ンスはなんJで流行ったネットスラング語ですが、他にも野球選手の名前を元にしたネット スラング語があるので紹介します。

クレメン スの前に同じ意味で使われた「キボンヌ」についてはこちらの記事を参考にしてください。

ロイ・ハラデイが元ネタの「画像ハラデイ」

意味は「画像を 貼ってくれ」。こちらもアメリカのメジャーリーグで活躍した選手が元ネタとなっています。なんJ板では2011年にすでに使われていたので、実はクレメンスより先に流行っていました。

残念ながらハラデイ選手は、2017年に飛行機事故で亡くなっています。

マダックスが元ネタの「画像マダックス」

グレンマダックス選手もアメリカで1986年から活躍した選手です。「画像マダックス」は「画像まだ?」という催促の意味で使われますが、現在、ク レメンスやハラデイよりは使っている人は少ないです。

やはり少し高圧的なイメージがあることが影響したのでしょう。

ニュー速で流行!「〇〇〇ヒヤシンス」

このワードは、漫画やアニメで大人気となった「日常」という主人公の友人が使った言葉です。「許して ヒヤシンス」というワードがネットの中で流行となりました。主にふざけて謝る時に使います。

許して ヒヤシンスについては、これから動画を交えて詳しく紹介します。

許して ヒヤシンスってなに?

日常というアニメは、一見普通のほのぼのアニメに見えるのに、ロボットの少女が普通にいたり、ボケとツッコミの勢いが激しすぎる、躍動感が日常アニメの粋を超えていてすごいと話題になりました。

今でも人気があってアニメネタを使ったり、日常のMAD動画(ファンが趣味で作った動画)が挙げられています。

NEXT 元ネタ動画紹介!