玉井さんの現在は?川越総本部毘沙門天リーダー結婚の真相は?

全日本狂走連盟にも加入しさらに勢力拡大

WebDonut / Pixabay

1970年代の中ごろにかけて暴走族の組織同士の間で勢力争いが激化すると、暴走族の組織同士が手を組んで更に大きな組織を作るようになりました。全日本狂走連盟(全狂連)はそうして生まれた連盟の1つであり川越総本部毘沙門天も勢力の拡大のため全狂連に参加し、東京や茨城にまで勢力を広げました。

当時は全狂連の他にも、C.R.S連合や東京連合、神奈川レーシング連盟、関東連合、キラー連合、などといった暴走族の歴史に名を残すような大きな連合がどんどん誕生していったといわれています。

玉井さんはなぜ有名になったのか?

3271136 / Pixabay

かなりの勢力を広げた川越総本部毘沙門天ですが、玉井さんはその全盛期のトップだったという訳ではありません。しかも玉井さんが頭となって再び結成された川越総本部毘沙門天も彼1人のみでの復活です。なのになぜ彼がこんなにも知名度が高まったのか、その発端は暴走族と何の関係もなさそうなニコニコ動画でした。

たった1人で暴走族のビデオに出演

Free-Photos / Pixabay

川越総本部毘沙門天を復活させた後、暴走族を特集するビデオに出演する機会が玉井さんに訪れました。他の暴走族は少人数でもチームとして出演する中、彼はただ1人のみで川越総本部毘沙門天の頭(ヘッド)として出演しました。その1人だけども頑張ってやってやる、という姿勢がネットの一部で「カッコいい」と話題になりました。

川越総本部毘沙門天! 頭やってる玉井だぁ! 1人だけどよぉビっとやってるからよぉ喧嘩ならいつでもやってやるよぉ! いつでも来いコノヤロー! それからよぉパクられてる先輩の為にもよぉ!頑張るからよぉ!

引用:ニコニコ動画

ニコニコ動画にビデオがアップされ話題に

200degrees / Pixabay

そしてこの特集映像がニコニコ動画にも転載されて玉井さんはネット上で本格的に知名度が上昇していきます。本編の再生数は2019年6月現在87万再生を突破しており玉井さんのシーンだけ抜き出された動画でも66万回も視聴されました。

コラ画像やMAD動画で人気者になる

septimo77 / Pixabay

玉井さんが人気となった原因は本編映像よりもそれを加工したコラ画像やネタ動画によるものが大きいです。僅かな素材を切り貼りし曲を歌わせてみたり、ポケモンの「どく/ひこうタイプ」とかけて「独/非行タイプ」などと呼ばれたりして大人気となりました。特に曲を歌わせる動画はボーカロイドにちなみ「コノヤロイド」と呼ばれます。

玉井さんはカッコいいと評判に

逮捕されてしまった先輩のため警官に立ち向かったり、名門グループの川越総本部 毘沙門天の名をたった1人で背負ったりと、知名度の上昇とともに玉井さんはその義理堅く漢気のある姿が「カッコいい」と評判になりました。その高い評判も、彼が暴走族なのにも関わらず大きな人気を博した理由の1つかもしれません。

ニコニコ動画の玉井さんって有名ですよね。
一人しかいないのに頑張ってて(?)かっこいいと思います。はい

引用:Yahoo!知恵袋

ニコニコ動画がきっかけで話題になった人たち

ElisaRiva / Pixabay

玉井さんと同様に、元は一般人であったにも関わらずニコニコ動画で注目を集めた人物は何人もいます。「キーボードクラッシャー」ことレオポルド・ノーマンド氏や、「大入道トーマス」のネタで話題の電八(あみんたん)氏などがその一例です。

大入道トーマスは最初はTwitter上に動画を投稿できるサービスVineに投稿された映像ですが、ニコニコ動画に転載されたことでブレイクしました。キーボードクラッシャーに関しては個別の記事が存在しますので、そちらをご覧ください。

NEXT 玉井さんのMAD動画で使われた音楽やネタ