ホラーアクシデンタルのネタバレと無料視聴方法!夏の夜におすすめ!

ホラーアクシデンタルとは三木康一郎監督が手がけた現代ホラードラマです。幽霊よりも生きている人間の恐怖がじわじわと伝わってくる面白さで、フジテレ深夜帯の本気作と言われる程!今回は「ホラーアクシデンタル」、次作「ホラーアクシデンタル2」のネタバレもご紹介!

この記事をかいた人

釣りやキャンプ好きの20代です! 読みやすく、頭に入りやすい記事作成を心がけております。

ホラーアクシデンタルってなに?

Free-Photos / Pixabay

まずは、ホラーアクシデンタルとはどのような作品なのかを紹介します。ホラーアクシデンタルは、TVでは深夜帯に放送されていた作品のため、名前を初めて聞いたという人もいるかもしれません。詳しくはこれから紹介しますが、ホラー好きの人であればきっと好きになる作品に仕上がっています。

フジテレビにて放送された現代ホラードラマ

simonwijers / Pixabay

ホラーアクシデンタルは、フジテレビ系列で放送されていたテレビドラマです。放送されていたのは、2013年の2月1日から3月16日までです。ドラマの長さは作品ごとに異なり、オンデマンドスタイルの作品になっています。1話の放送時間は10分程度と短い作品ですが、SNS上などで人気になり、2016年には新作が放送されています。

ジャンルはホラー作品となっており、すべてのエピソードの根幹にあるのは、人間そのものの怖さです。幽霊やゾンビは登場しませんが、現実に生きている人間の恐ろしさを描いているため、幽霊よりもリアリティがあり、芯からゾクッとするホラーです。

ホラーアクシデンタルを見た人の感想

LoganArt / Pixabay

続いてはホラーアクシデンタルを実際に視聴した人からの乾燥を紹介します。様々な感想がネットでは散見されますが、大きくカテゴライズすると、以下の3つの理由で面白い!、怖さが倍増!といった声が多くみられています。

ホラーアクシデンタルの感想①幽霊よりも人の方が怖い!!!

socialneuron / Pixabay

ホラー映画やドラマというと、幽霊やゾンビといった非科学的なモノが登場し、その存在で視聴者を怖がらせるという手法は古代から続いている手法ですが、見慣れてしまった人にとっては、非現実的な幽霊やゾンビは、何かフィクション的な怖さと感じていしまう人もいます。

しかしホラーアクシデンタルは、幽霊やゾンビといったホラーの定番アイテムというべきモノは一切登場しません。登場するのは人間のみです。しかし、ホラーアクシデンタルは、人間が持つ本当の怖さ、闇といった領域を見事にストーリーの中に組み込んでおり、自分の身近な人にも当てはまるかもしれないという現実的な恐怖を視聴者に与えています。

ホラーアクシデンタルの感想②フジテレビ深夜帯が本気を出した!

ホラーアクシデンタルは、TV放送時は、フジテレビ系列の深夜帯で放送されていました。10分程度の短編ドラマですが、その短時間に背筋にゾクリとくる怖さが凝縮されているという感想が多くみられます。深夜に一人の部屋で見ている時の恐怖が堪らない!というホラーファンの声も多く聞かれます。

ホラーアクシデンタルの感想③鳥肌が止まらない…!!

ホラーアクシデンタルは、エピソードにもよりますが、1回視聴しただけでは、本当の怖さがわからないエピソードも人によってはあるかもしれません。しかし、何回か視聴してみて、本当に伝えたかった怖さは何なのかが理解できた時の鳥肌は感動ものという感想も散見されます。

短編ドラマですが、ストーリー中の伏線も緻密にちりばめられており、オチでしっかりと回収する丁寧な脚本もGOOD!という感想もあります。オチしか見れなくても十分怖いですが、そこまでのストーリを理解して視聴すると怖さも倍増です。

ホラーアクシデンタルが面白い理由は?

darksouls1 / Pixabay

「他のホラードラマと比較しても怖さが段違い!」、「鳥肌がすごい」などの感想が多いホラーアクシデンタルは、何が視聴者の興味を引き付けるのでしょうか。ここでは、ホラーアクシデンタルが人気を呼んだ2つの理由について紹介します。

ホラーアクシデンタルの魅力①哲学書や演劇が題材

NEXT ホラーアクシデンタルの魅力①哲学書や演劇が題材