狙ったポイントに届かないときにはフロートリグ!特徴と使い方のまとめ

メバル

メバルを釣ること、つまり「メバリング」ではキャストして魚に誘いをかけていきます。ですので、いかに広範囲でポイントを探索できるかで釣果が大幅にかわってしまいます。しかし、表層付近を回遊するメバルを誘うにはオモリで飛距離を出しても沈んでしまっては意味がありません。このように、キャストの飛距離がものを言う「メバリング」では「フロートリグ」がよく用いられています。

アジ

アジングも「フロートリグ」がよく用いられています。メバルに比べてタナは少し深いことが多いため、「フロートリグ」の中でもシンキングタイプが採用されることも多く見られます。

フロートリグのメリット、デメリット

「フロートリグ」を使う場合のメリットについては、なんと言っても「飛距離」をだせるのにフロートすることで「遠くの場所の表~中層」という狙いたいところへ届かせられることです。ここでは他のメリットとフロートリグを使う時のデメリット、注意したい点についてご紹介します。

フロートリグのメリット

例えば、明かりがない岩場などの暗闇の中でアタックする場合、ルアーなどの仕掛けが波動をだすものを採用することは有効です。「フロートリグ」は、体積の大きいフロートを使うため、対象となる魚に存在を気づいてもらいやすいです。また、ジグヘッド部分の沈む深さを調節しやすいので、根掛かりを回避しやすくなるのも大きなメリットです。

フロートリグのデメリット

「フロートリグ」ではその構造上体積の大きいフロートを使うため、風が強い日にはフロートが流されてしまいやすく、また潮が早い日も同様に潮にフロートが流されてしまうため、狙った場所に届かせにくいというデメリットがあります。強風の日ではキャストの際にもあらぬ方向に飛んでしまうこともあるため、周囲に迷惑をかけないよう注意を払う必要があります。

フロートリグのおすすめ3選!

シャローレンジを幅広く攻略するのに有効な「フロートリグ」。ここではいくつかのおすすめをご紹介します。

ハヤブサ メバルロケット

「フロートリグ」の中でも昔からある定番であるハヤブサの「メバルロケット」。「メバル」という名前ですがアジングにも適応可のスグレモノです。フローティング、シンキング、ファストシンキングの3種類があるので、シーンに応じて状況にあったものを選べます。

アルカジック シャローフリーク

アルカジックジャパンから販売されている「シャローフリーク」。Fシステムを採用していることから飛距離を出せるのが魅力的です。様々な重さの種類があるので、使用するロッドや状況に合わせて使い分けられます。

NEXT TICT(ティクト)Mフロート