さっちゃんの怖い都市伝説は本当?4番以降の歌詞も?銀魂のさっちゃんも

さっちゃんの都市伝説②

xusenru / Pixabay

作詞者が意図したものなのか、歌詞を深掘りして後付けされたかは不明ですが、この歌にはまだ続きがあるようです。ここまででも十分に都市伝説要素はあったのですが、その先の歌詞についてご紹介します。

4番以降の歌詞があると言われている

jguemez / Pixabay

学校などで歌うのは3番までなのですが、ネットで話題となったその先の歌詞をご紹介しましょう。

「さっちゃんがね おべべをおいてったほんとだよ だけどちっちゃいから きっと貰いにこないだろ 悲しいな さっちゃん」(引用:都市伝説〜古今東西〜)

とおべべを置いたままいなくなってしまったという内容の4番、さらに5番へと続きます。

「サッちゃんはね 線路で足をなくしたよ だからお前の足をもらいに行くんだよ 今夜だよ サッちゃん」(引用:都市伝説〜古今東西〜)

こちらは5番とされている歌詞ですが、急に恐怖心をあおる内容となっています。この歌詞が4番とする説や、本来は10番の歌詞であるなど諸説あります。

さっちゃんの都市伝説③

Bessi / Pixabay

調べてみると、モデルとされている少女の人物像からも派生しているようです。当初モデルだとされていた阿川佐和子さんではなく、作詞者と同じ幼稚園に通っていた、ひとつ年上の少女が本当のモデルであり、歌詞との結び付けから都市伝説化したのではないかと考えられます。

さっちゃんは幽霊だった?

Alexas_Fotos / Pixabay

作詞者はモデルを「影のある少女」としていることから、さっちゃんは友達と活発に過ごすタイプではなかったことが想像できます。死んだ後も、幼少期を過ごした「寂しい」という想いが成仏できず幽霊として噂になったのではないでしょうか?

さっちゃんの都市伝説④

ItNeverEnds / Pixabay

この曲に関する都市伝説はまだまだあるようです。ここで紹介するものは、あまり知られてはいないかもしれませんね。歌を歌わないとサッちゃんがやってきて”呪い”をかけてしまうのだとか。どんな呪いなのかご紹介しましょう。

歌わなければ幽霊が見えるようにさせられてしまう

geralt / Pixabay

1番から3番にかけて、とても話が繋がっているとは言いづらい歌詞に違和感を感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?単調なメロディーと合わせると不気味な感じに聴こえ、現在も歌いたがらない子どもが多いのだそうです。

そんな「サッちゃん」を歌わない子どもには、幽霊が見えるようにしてしまうという呪いをかけるのだとか。子ども達からすると、泣きながらでも歌わざるを得ない状況ですが、もしかすると童謡をみんなで歌えるようにという幼稚園の先生達がついたウソなのかもしれませんね。

その他、日本に存在する都市伝説はこちらからどうぞ!

NEXT 歌ってはいけない4番