【筧千佐子】リアル後妻業の男を虜にしたテクニックと生い立ちから現在!

筧千佐子の別名の後妻業とは?

JillWellington / Pixabay

この事件がきっかけで言葉が誕生したように映っていますが実は、小説の題名として存在していました。黒田博行氏が執筆した作品で、妻がいなくなった男性を相手に結婚をする女性のことを「ごさいぎょう」といいます。

彼女のように男の財産を奪い取ることを目的としているので悪女のイメージが強いでしょう。

筧千佐子はリアル版?後妻業とは

sabinevanerp / Pixabay

自分の身の回りの世話をしてくれて、嘘でも好きと言ってくれる相手が老年期になってくると欲しくなるといいます。そこに着目した彼女は、小説を読んで学んだのでしょうか?まさしく実写版といえるでしょう。

愛情を持っているとみせかけ、孤独な男性に近づいていく彼女は目利きが良く相手が何を望んでいるのか察知する能力に長けていたのでしょう。天職ともいえるのではないでしょうか。

後妻業は映画、ドラマも爆発的ヒット

ktphotography / Pixabay

彼女の逮捕後に、作品が世に登場し多くの人が興味を示しました。近年熟年離婚が増えていることから後釜を狙う女性がじわりじわり増えているようです。

社会的現象を作ったのも彼女ではないでしょうか。恐るべき影響力ともいえます。

筧千佐子以外にも!リアル後妻業にはご用心!

JillWellington / Pixabay

大きく話題となった現在、密かに計画を企み人の背後にある財産を狙って近づこうとする悪女が後を絶たないといわれています。

高齢社会となった近年、ビジネスとして使おうと腹黒い人物が出てきています。本来助けの手を差し伸べなくてはならないものですが、悪の心をもってしまうと道徳心は失われお金を搾り取ろうと動くのです。

Monfocus / Pixabay

自分の親や周囲の大切な人が悲しい思いをする前に、惑わされないためのアドバイスをまとめました。

リアル後妻業の特徴

pixel2013 / Pixabay

彼女も結婚する際に条件提示していたように、孤独な人をターゲットとします。周囲の意見が入ってしまうことによる忠告を嫌います。入れ知恵をされてしまったらスムーズに計画がいかなくなるからです。

子供がいたとしても普段からコミュニケーションがほとんどない親子関係をもった男性や、独り身で寂しい思いをしているを老人を狙っています。

geralt / Pixabay

現に資産を持っている男性は、定年前に必死に働いていたから得られた財産であるため、仕事しか知らない人が多いとされます。

退職をすると生きがいとしていた仕事がなくなり、心にぽっかりと穴が開いたようになってしまうのでしょう。そういった人物をターゲットにしていく悪女があいるのです。

リアル後妻業から大切な人を守るためには?

Myriams-Fotos / Pixabay

今まで、あまり連絡を取らなかった間柄だった場合は、週に1回でも連絡を取ったり、たまには一緒に食事をするようにして親子関係を親密にしていきましょう。そうすれば、何か変化があっても気づきやすいものです。

特に恋をすると性格が明るくなったり、オシャレになったりスマホを手放さなくなったりと目に見えた気づきがあるとされます。いくつになっても恋愛をすると心弾んでしまうものなのです。

NEXT 後妻業は結婚詐欺より優しい?