【四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件】未解決事件の概要と謎の女の真相に迫る

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件にまつわる謎

qimono / Pixabay

今回の事件にまつわる謎は、一つは女性が姿をくらますということでした。しかし調査が進められるにつれ、その後益々謎が浮上してきたのです。このような事態になった謎について調査していきましょう。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件謎①なぜ執拗に押さえつけたのか

Utility_Inc / Pixabay

犯人を逃がさないための行為だったにしても、なぜ執拗に押さえつけたのかが疑問視される謎の一つです。警察は一般的範疇内の行動と主張していますが、意識を失うほどの押さえつけの必要があるとは思えないのです。

警察側の主張としては、老人がわずかに抵抗したために制圧をしたと主張しているようです。離せと抵抗する老人の行動があったようですが、しかし当然警察官を振りほどくほどの力があったとは思えません。それは映像内にも残っています。

Utility_Inc / Pixabay

また、ペット用品で両手がふさがっている状態や、老人から事情を聴いていればこのような力任せな対応を取る必要がないことも想像がつくでしょう。つまり、事態把握に力を注がなかったことがわかるでしょう。

さらに、例え事情を聴かずとも公然の前で長時間にもわたって押さえつけるのはどう考えても異常です。体調が悪い中でこのような行為をされることは拷問とも呼ばれる高いでしょう。これらの事実はSNSでも波紋を呼び、警察の一連の行動に不信感を抱く人は多かったようです。上の画像がTwitterでの警察への声や意見です。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件謎②事件の情報を求めない理由

geralt / Pixabay

さらに不信感を抱かずにはいられない謎もあります。それが参考人の顔写真などを公開せず、事件雄情報を集めようとしないことです。後に容疑を特定できないまま、防犯カメラ映像の写真を公開したのですが、これに至るまで全く事件情報を集めようとしなかったそうなのです。

当時の警察の主張としては、姿をくらました女性は立場上被害者であり、参考人になるので画像の公開はできないという物だったそうです。しかし、この時点で老人が窃盗を行っていないことは明らかであり、女性が窃盗被害にあっていないことは明白です。

jackmac34 / Pixabay

にもかかわらず、手をこまねいて女性が名乗り出るのを待っているのか、情報を積極的に求めない姿勢に、さらに不信感を抱く人が大勢出てきました。また、地元の人も今回の警察の行動に疑問を感じ怒りを覚えているい人は多数いたといわれています。

被害者が取り押さえられ、一時的とはいえ窃盗の容疑で逮捕されることは仕方がありません。しかし、女性が姿を隠した事実を考えると、調査を実行に移さない理由も老人を力づくで押さえつけた事実に納得ができるわけがないと感じる人が多く現れたのです。上の画像がTwitterでの警察への声や意見です。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の判決

mohamed_hassan / Pixabay

警察の主張から、それに伴う謎のせいで不信感は募る一方の人々でしたが、この事件の判決がとうとう2011年に下ることとなりました。そのくだった判決は一体どのような物だったのでしょうか。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は被疑者死亡のまま書類送検へ

succo / Pixabay

判決が下ったのは2月17日のこと。窃盗未遂事件が成立してしばらく調査が行われましたが、結局女性の居所は見つからず、防犯カメラの映像に残るモノだけが証拠となり、色々な疑惑が残る形で未解決事件として認定されることとなります。

その後、翌日には紙面上の処理では被疑者死亡のまま老人を書類送検しました。やってもいないことを冤罪という形で、まだ疑惑が晴れていないというのは納得がいかない人も多く、書類送検と言えどもどこか違和感の残る処置となっています。

Free-Photos / Pixabay

渦中の人物が見つからないのでこれ以上進展が見られないことが想定できるとはいえ、いまだ老人側に疑いの目があるままでの処置になっていることは遺族側も納得いかないものでしょう。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の翌月に男性の無実が証明

succo / Pixabay

翌年、再び動きがあります。遺族の訴えも実り事項が成立した翌年の2012年3月には、とうとう女性と奪い合っていた財布は老人のものと判明しました。調査が難航したことはもちろん仕方ありませんが、事件発生からかなりの時間を要してやっと公認となったのです。

防犯カメラの映像が残っているにもかかわらずこれだけの時間を要したことに、遺族はもちろん多くの人が再び疑問を感じることにはなりましたが、それでも、やっと老人の窃盗罪が成り立たないことが証明できた瞬間でもありました。

CQF-avocat / Pixabay

検察官に関しても5月時点で無実を認め、被疑者補償金として12500円を支払うことが約束されました。金額の問題ではありませんが、亡くなってからこれまでの仕打ちを考慮するとそれだけで容認できるかと疑問を抱く人ももちろんいました。

遺族の気持ちとしては、無実証明が立証された時点でコメントを残しています。その中にはいくら金額を払ってもらったところで故人は帰ってこないことを悲しんでおり、さらにこれだけの時間をかけないと本人の財布であることすら認められないかと嘆いていました。

witwiccan / Pixabay

当時捕まえた店員などは仕方ないにしても、軽率な行動をとった警官についえはより厳重な処罰を与えるべきだという意見も主張しているものもあり、正義とは一体どこにあるのかという疑問を呈して綴られてもいます。

それでけ痛ましい事件であったことが、遺族の主張からもわかり、多くの人が今回の痛ましい事件を通して警察への不信感はもちろんのこと、残された人の思いがどれだけ大きいかを知ることとなったようです。

NEXT 四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の警察官に処分は?